(写真=Thinkstock/Getty Images)

夏になると身体がダルい人。それ夏バテじゃないかも!?

夏特有の身体のダルさ。その原因は意外なアレでした。

夏になると「食欲がでない」「疲れやすい」「からだがだるい」といった症状を抱える人も少なくないはず。これらの症状は一見「夏バテかな?」と思うかもしれませんが、実は「冷え」が原因かも。暑い時期なのに、意外と身体が冷えている人が多いのです。そこで、今回は夏の冷えの症状や改善方法をご紹介いたします。

夏に起きやすい「冷え性」の原因

暑いのに身体が冷えるの?と思う人も多いと思いますが、実は夏は身体を冷やす要素がたくさんあります。

夏になると服は薄着になり、エアコンの効いた部屋の中に長時間いることも増えます。冷えたビールやアイスクリーム、アイスコーヒーといった、身体を冷やす食べものや飲みものを食べがち。このように、知らず知らずのうちにどんどん身体を冷やしてしまっているのです。

夏の冷え性の症状

室内と室外の温度差が激しい夏は、体温調節がうまく機能しなくなり、自律神経が乱れやすくなります。そうすると毛細血管がうまく機能しなくなり、血流が滞るため、身体が冷えてしまいます。

冷たいものを食べたり飲んだりすると、内臓が冷えて胃腸の機能も落ち、食欲がなくなってしまいます。食欲が落ちると、さっぱりとしたものや簡単なもので食事を済ませようとしてしまうので、栄養バランスが乱れ、さらに冷えが悪化します。

これからの原因から、疲れやすくなったり、だるくなったり、抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなったりするのです。

夏の冷え性を改善するには……

夏バテ2 (写真=Thinkstock/Getty Images)

冷えてしまった身体を温めるには、温かい食べもの・飲みものをとって内蔵から温めることが大切です。飲み物を選ぶ際は、ホットか常温のものを選ぶようにしましょう。ただし、カフェインの摂り過ぎはかえって身体を冷やすので、コーヒーの飲み過ぎには注意してください。

根菜類や生姜、唐辛子など、身体を温める食材を積極的に食べるのもポイント。お豆腐やマグロの赤身、鶏肉といった、高たんぱくな食べ物も食べるようにしましょう。

また、暑いとシャワーで済ませがちですが、湯船につかって身体をあたためることも大切です。一日の終わりに湯船につかることで、血流が良くなり自律神経の乱れを整えることができるので、翌朝すっきりと目覚めることができるでしょう。

おわりに

夏の不調を乗り切るためには、できるだけ身体を冷やさないことを心がけましょう。夏こそ身体が冷えやすいということを自覚することが大切。なんとなく身体がダルいと感じているなら、ぜひ実践してみてくださいね。

参考:
All About
女性の美学

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に