(イラスト=筆者)

20代とはココが違う!30代の結婚式のお呼ばれコーデ

大人の女性としてのコーディネート術を身につけよう

青空の広がる季節になり、秋に向けて結婚式のお呼ばれも増えていきます。20代の頃に買ったワンピースドレス+ショール、まだ着ていませんか?30代になったら今までとは違う大人のドレスコーディネートをしてみましょう。

ウェディングのドレスコードは気にしたことがある方は多いと思いますが、新郎新婦との関係によって装いを変えたことはあるでしょうか?それぞれの立場に合ったドレスコードをマスターしてこそ、大人の女性です。

20代とは違う!アラサーのお呼ばれコーデ

30代ともなると、友人の結婚式だけでなく、会社関係、親族としての出席と、出席する立場もさまざまになってきます。それぞれの立場にふさわしいパーティスタイルを使い分けてこそ大人の女性。新郎新婦との関係別に、どんな装いをしていけばよいでしょうか?

会社関係の方の式に出席 → ビジネスの場と心得よ

同僚や後輩の結婚式、上司や新郎(新婦)側の会社の方も出席されていることでしょう。華やかなパーティスタイルは必須ですが、あくまで一社員として出席していることを忘れずに!二次会での出席も極端に露出の高いものは避け、スカートも膝下にするなど、上品さを大切にしてみてください。

親族として出席 → フォーマル感を重視

親族といっても、新郎新婦の実の姉妹として出席するのか、従姉妹なのか、義姉・義妹としてなのか・・・で周りの親族の目も気になりますよね。30代になったら、おすすめはネイビーやボルドー、ダークブルーなど深い色のドレスが大人っぽく見えます。明るいカラーの華やかな装いは年下の親戚に譲って、落ち着いた雰囲気を演出してみてはどうでしょうか。

友人として出席 → 脱・ブラックコーデ♪

黒は便利でコーディネートしやすい色ですが、来客のドレスが黒ばかりだと、集合写真がお葬式のようなさみしい雰囲気に・・・。男性はダークスーツしか着用できないので、場を華やかにできるのは女性の特権!新郎新婦と映った写真を後で見返した時、華やかな雰囲気に見えるドレスで、お祝いの気持ちを表してみましょう。華やかだけれどエレガントに見えるのは、コーラルピンクやオリーブなど、落ち着いた色味のカラードレスがオススメです。

見たことある!ちょっと「微妙」なパーティーコーデ

結婚式, 披露宴 (写真=PIXTA)

白っぽいドレスや羽織もの

ウェディングパーティに白はNGというのはよく知られていますが、薄いベージュやベビーピンクなど、白に近い淡い色のドレスも要注意。撮影の強いフラッシュで色が飛んで、後から写真をみたら白を着ているように見えることも。着席のパーティでは上半身が映ることがほとんどなので、白っぽい色の羽織ものも避けましょう。

振袖は卒業!訪問着ならオールマイティー

振袖は未婚の女性であれば何歳でも着られるということになっていますが、アラサーになって成人式のような振袖を着るのは、一般的に見てちょっとチグハグ。和装をするなら袖の短い「訪問着」を用意しましょう。年齢、未婚・既婚を問わず着ることができ、準礼装にあたるので挙式からの出席にもぴったりです。

結婚式、披露宴でキャミドレス

夜の二次会と同じドレスで参列していませんか?昼の時間帯では肌を出さないのが基本です。ノースリーブや胸の大きく開いたドレスではなく、できれば袖のあるものがベター。

装いからお祝いの気持ちを伝えよう

式やパーティの雰囲気はゲストひとりひとりが作り上げるもの。自分のドレスアップだけでなく、出席者や会場の雰囲気にもマッチするよう配慮してコーディネートできれば、周りにも気遣いできる大人の女性のパーティスタイルといえそう。

装いのルールはありますが、ドレスアップを通してどういった気持ちを新郎新婦に伝えたいか、というポイントでコーディネートを考えてみるのも楽しいですよ。

お祝いのお呼ばれが増えるシーズン。あなたらしく、気持ちの伝わるドレスアップができますように。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に