(写真=Thinkstock/Getty Images)

結婚とお金に関する「三平男子」「三本男子」の本音とは?

家庭を優先してくれるのはどっち?

昔は「高収入・高身長・高学歴」という「三高」が、結婚相手に求める条件としてもてはやされていた時期がありました。しかし、最近では「平均的な年収・平均的な外見・平穏な性格」という「三平」男子がトレンドになりつつあり、女性からの人気も高いようです。

一方で「本質的・本格派・自分本位」という「三本」男子も登場しています。自分に自信があるタイプで、「平均的な『三平男子』では物足りない」と考える女性から人気があるそうです。

「三平男子」と「三本男子」。それぞれに良さがあり、好みが分かれそうなところですが、結婚やお金についてどう思っているのでしょうか。株式会社シーマが運営する「ブライダルジュエリー専門店、銀座ダイヤモンドシライシ」が行った『結婚にまつわる“お金”に関する意識調査』によると、興味深い結果がわかりました。

「三本男子」の方が結婚に対して自信がある!

アンケートは20代~40代の男女500人を対象に2016年5月、インターネット上で行われました。

アンケートで、未婚男性に対して「今のあなたの年収は、結婚に適していると思いますか?」という質問をしたところ、平均的な収入を得ているはずである「三平男子」は「適していない」との回答が8割に上りました。一方で、「三本男子」は「適している」と回答した人が約7割にものぼりました。

「一家の大黒柱」になれるだけの収入がないと結婚へ踏み出しにくい、という意識は、「三平男子」に強いようです。

「三本男子」の方が、結婚にかかるお金をきちんと用意している!

いかにも堅実派にみえる「三平男子」ですが、一体いくらぐらいあれば結婚に踏み出すのでしょうか。

アンケートでは、男性が交際相手の女性と結婚を決めた時の貯金額は、「三平男子」が約165万円で、「三本男子」の約500万円に比べると、3分の一程度であることがわかりました。

三平男子, 三本男子 (写真=Thinkstock/Getty Images)

新婚旅行や指輪、新居費用など、結婚に掛けた(もしくは掛けたい)費用の総額は、「三平男子」が約200万円、「三本男子」が約350万円という結果になりました。

「一家の大黒柱にならないと!」という気負いはあるけれど、結婚に大金は掛けたくないというのが「三平男子」の本音なのかもしれません。金銭的なハードルというよりも、精神的なハードルが高いようにも見受けられますね。

そして、「三本男子」は比較的「派手婚」派が多いようです。

結婚後、家庭や子育てを優先してくれるのはどっち?

イメージとして、年収もルックスも平均的、平穏な性格の「三平男子」の方が家族の時間を大切にしてくれ、こだわりが強く自分本位な「三本男子」は仕事や付き合いばかりで家に帰らない…そのように思いがちです。

しかし、今回のアンケートでは意外な結果が出ているようです。

20~30代の未婚男性の意見を集めたところ、「仕事のためなら多少の家庭の犠牲は仕方ないと考えている」と回答した人は「三平男子」の方が32.2%で、「三本男子」の27.1%を上回っています。

「仕事はそこそこで、家庭を優先にしている」と回答する人の割合は「三平男子」が13.6%、「三本男子」が17.7%で、三本男子の方が多いことがわかりました。

男性の本音に耳を傾けてみては

「仕事ばかりしている男性は、結婚後も家庭を顧みないだろう」 「慎重派ならきっと貯金もたくさんあるはず」

理想の結婚相手を考えるとき、こんな思い込みをしていないでしょうか。

今回のアンケートからは、仕事ばかりしているように見える男性が意外と結婚について前向きに考えて資金を貯めていて、結婚後は家族で過ごす時間を優先する子煩悩な人だったり、一見家庭を大切にしそうな穏やかな男性が、いざ結婚したら仕事ばかりで家に帰らず、家庭を優先してくれない…ということもあるようです。

どちらにせよ、結婚生活は男女が協力して作っていくもの。2人の価値観があまりにかけ離れていれば、うまくいくことは難しいでしょう。

「このタイプの男性は○○なはず」と決めつけずに男性の本音に耳を傾けることが、キャリア女性が幸せな結婚をすることにつながるかもしれません。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に