(写真=PIXTA)

電子ポイントと何が違うの?2分でわかる「ビットコイン」解説

電子マネーでもポイントでもない「仮想通貨」。違いは何?

最近よく聞く仮想通貨「ビットコイン」。2014年、ビットコイン最大の取引所だったマウントゴックスが経営破たんし、フランス人社長が逮捕されたニュースを覚えている方もいるでしょう。最近では三菱東京UFJ銀行が、大手金融機関では初めて、独自の仮想通貨を一般利用者向けに発行するというニュースもありましたね。

分かったようで分かっていないという方も多い「ビットコイン」について、今回は難しい話は抜きにして、どんなものか簡単にご説明しましょう。

ビットコインとは?

  • インターネット上で流通している仮想通貨
  • 紙幣・硬貨は発行されないため「デジタル通貨(電子通貨)」とも呼ばれる

概ねこのように説明されますが、「お金のようなもの」ということは分かっても、何だか雲をつかむような話で実感が湧きませんよね。そこで、私たちの身の回りにあるお金やお金の類似物と比べてみましょう。

ビットコインはお金とどう違うのか?

お金は国の信用に基づいて、国の中央銀行などが発行しています。日本は円、アメリカはUSドルですね。ところが、ビットコインはどこの国の信用にも基づいていません。

私たちは給料を受け取ったり、お金の貸し借りをしたりするときに、日本のお金である「円」を使います。これはお金の価値が変わらないと信じているからです。もし、今日100円で買えたリンゴが来週になったら500円になるのであれば、「円」を使いたいとは思えないでしょう。けれども、今はそんなことにはなりません。お金の価値が大きく変わらないように国が保証してくれているからです。

一方、ビットコインは世界中の人々によるビットコインへの信頼だけで成り立っています。最近は日本でも、ビットコインで支払えるレストランやビットコインで決済ができるECサイトも出てきました。これは、「国の保証がなくても、自分たちはビットコインの価値を信じている」と考えている人がいるからです。

ビットコインには発行元がない

ピットコインが紙幣や硬貨でないという点では「Suica」「Edy」などの電子マネー、「Tポイント」「楽天スーパーポイント」、またマイレージなどと同じです。違う点は発行元がないという点です。流通の管理元もありません。

皆さんがお持ちのポイントには必ず発行元がありますね。楽天スーパーポイントは楽天、マイレージは各航空会社が発行元であり、将来にわたって使えることを発行元が保証してくれています。それは電子マネーも同じです。

ただし、それも絶対ではありません。そのため、発行元が倒産するなどでポイントや電子マネーが使えなくなるという事態に備えて、発行元にはさまざまな措置が義務付けられています。供託金を積む、あるいは、使われていないポイントの一部を会計上の負債とするなどです。

つまり、100%とは言えないまでも、電子マネーやポイント、マイレージには、発行元の信用と国家の法律でその価値が保証されているわけです。

一方、先ほども言ったように、ビットコインには発行元がありません。使う人自身が一人ひとり将来にわたって使えると信じるしかないのです。

仮想通貨, デジタル通貨, 電子マネー, お金, ビットコイン (写真=PIXTA)

ビットコインの価値は変動する

ピットコインはお店での買い物や電子決済に使えるという点で、電子マネー、ポイント、マイレージと同じです。違う点はその価値が日々変わるところです。

Suicaにチャージした1000円はどれ程たっても1000円で、1200円に増えたり800円に減ったりすることはありません。ところが、ビットコインとお金の交換比率は大きく変わります。今日1000円をビットコインに替えても、将来「円」に戻そうとしたときには1200円になっている可能性もありますし、逆に800円になるかもしれないのです。

これからビットコインは普及するか?

このようなビットコインですが、送金費用が安いなどさまざまなメリットもあり、今後、徐々に注目度は増していくでしょう。しかし、今の日本をはじめとする先進国では、お金の価値が安定しているため、価値が安定していないビットコインを主要貨幣として使いたいと考える人が大幅には増えることはないでしょう。

しかしこの先、状況が変わる可能性がゼロとは言えません。過去には、モノの値段が短期間で大きく値上がりしたことがありました。お金の価値が短期間で低くなってしまったということです。そんなお金が信用できなくなったときにこそ、ビットコインは活躍することでしょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に