(写真=Thinkstock/Getty Images)

アモーレの国イタリアに学ぶ!みんなをハッピーにする交流術

こぼれる笑顔にリップサービス。遊び心でおもてなし

サッカー日本代表の長友佑都選手の発言でにわかに話題沸騰した「アモーレ」。イタリア語で「愛する人」という意味ですが、この言葉に表れているようにイタリア人は建前を好まず、リップサービスが巧み。そして恋愛に対しても直球で、何より前向きです。

恋愛以外でも持ち前のサービス精神で楽しいおしゃべりを展開し、人付き合いがうまいとされています。そこで、ヨーロッパ在住の筆者が出会ったイタリア人たちから学んだイタリア流上手な人付き合いのポイントを紹介します。

とにもかくにもまずは笑顔

太陽のごとく根っから明るいイタリア人は、相手と話すときに笑顔を振りまきます。私が語学学校で出会ったイタリア人いわく「笑顔はタダ!」。誰にでもできて、自分も相手もいい気分。

心地よいコミュニケーションは嬉しい一言から

イタリア旅行をしたときに、イタリア人男性とすれ違うたびに「Ciao bella!(チャオ ベッラ)」と声を掛けられました。これは「やあ、かわい子ちゃん!」という意味だそうで、「ナンパ」ではなくイタリア流のリップサービスの一つだそうです。

これもイタリア人の友人いわく、「リップサービスにお金は掛からない! 言われた女性は嬉しくて笑顔になるし、そんな女性を見て男性も嬉しくなる」のだそうです。

イタリア滞在中はあちこちでリップサービスを耳にし、笑顔でスマートにかわしているイタリア人女性たちも多く見かけました。快い人付き合いには、ちょっとしたサービス精神や遊び心も大切だと気付かされました。

一期一会を大切に

出張でイタリア人の同僚と電車に乗っていたときのこと。同じワゴンに同僚の小学生時代のクラスメートが入ってきました。その後クラスメートが下車するまでの2時間近く、一度も沈黙することなく話し続けていました。イタリア人同僚によると、情熱的な人が多いイタリア人は、人生の一瞬一瞬を大切にしているのだとか。

目の前にいる人と出会えた偶然を大事にして、とにかくしゃべり倒して一緒にいる時間を楽しみたい。ちなみに、では話題のきっかけは何がいいかといえば、お気に入りのピザの具といった些細なことでも何でもよくて、徐々に持論を展開するのがイタリア流の会話スタイルだそうです。

身だしなみと美しい空間はマナー

イタリア人のおしゃれのセンスはヨーロッパでも一目置かれています。イタリア人は男女ともにおしゃれが大好き! おしゃれするのは自分のためでもあり、また人付き合いにおいてのマナーでもあるというのが彼らの主張。だからこそ、イタリアでは幼い頃から徹底して身だしなみの教育を受けるのだそうです。

それを表しているのが、イタリアの家庭にはゴミ箱が見当たらないこと。ゴミ箱が、台所のシンク下など目の届かない場所に置かれているのは、イタリア人特有の美的感覚であり、ホームパーティーが大好きなイタリア人の、客人にはゴミ箱を見せないというイタリア流のおもてなしの心だといいます。

サッカー日本代表, 長友佑都, 長友選手, アモーレ, イタリア, 人付き合い, 交流術, コミュニケーション (写真=Thinkstock/GettyImages)

イタリア流ホームパーティーでおもてなし

イタリア人は友人や知人を自宅に招いておもてなしするのが大好きです。レストランやバーで人と会うよりもずっとリラックスできる自宅を好むのです。

また、自宅に招くといっても完璧な準備はしません。一杯飲みながら、話しながら料理を始めたり、ゲストに料理を手伝ってもらったりすることもしばしばです。要は友人や知人と楽しい時間を過ごすことが大切なのであって、自分が疲れてしまうようなきめの細かい準備はしないのです。

私が親しくしているフランス在住のイタリア人一家もこのスタイルですが、相手が十分にリラックスした状態なので、こちらも思い切りくつろげます。このようなところを見ても、イタリア人はゲストがくつろげる雰囲気や環境を作り上げるのがうまいと感じます。

いかがでしたか? どれも私たちの生活に取り入れられることばかり。ハッピーな人付き合いをもっと楽しみたい方は、イタリア流コミュニケーションをぜひ参考にしてみてください。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に