(写真=Thinkstock/Getty Images)

フランス人はなぜ「顔を洗わない」のか?

タモリ、福山雅治、ローラも実践?ウワサの美肌法を検証

フランス人女性は、洗顔料を使って水でバシャバシャと顔を洗わないといわれています。最近ではタモリや福山雅治、ローラも、洗顔料やシャンプーを使わないお湯だけ入浴法を実践していると発言したことで、洗浄剤を使わないスキンケアが話題になりました。

実際のところ、洗顔料を使わない洗顔法とはどうなのでしょうか? そんな気になるフランス流洗顔法について、今回はフランス在住の筆者が、メリットやデメリットも含めて解説しましょう。また、本当にフランス人は洗顔料を使わないのか。そんな現地のリアルな情報もお届けします。

フランス主流の洗顔法は「拭き取り洗顔」

実は、フランスで主流の洗顔法は「拭き取り」タイプです。メイククレンジング剤や洗顔液をコットンに浸し、化粧や汚れを拭き取って落とすのです。その後、Avène(アヴェンヌ)などのごくシンプルな化粧水で整え、クリームで保湿。これでフェイシャルケアは終了です。

水道水は一切使いません。拭き取り洗顔用のクレンジングローションは種類も豊富で、スーパーや薬局などで簡単に見つかります。日本でも手に入るBIODERMA(ビオデルマ)は、現地フランスでも人気。逆に、洗い流すタイプの洗顔料は種類が少なく、繊細な日本人の肌質に合ったものを探そうと思うと、なかなか難しいかもしれません。

なぜ「拭き取り洗顔」なのか?

硬水、軟水という言葉は、ミネラルウォーターで聞いたことがあるのでは? フランスは大部分が硬度の高い硬水地域です。石灰質を多く含む硬水の地域では、定期的に掃除をしないと、湯沸かしポットに石灰の塊がこびりついてしまうほど。

この硬水で洗い流すタイプの洗顔をすると、まず洗顔料が泡立ちにくく、洗顔料も落ちにくいのです。そのうえ、もともと湿度が低く空気が乾燥しているというフランス特有の気候にくわえ、硬水も肌を乾燥させてしまいます。

肌をカサカサにしてしまう要因がダブルでそろうという環境が、拭き取り洗顔を主流にしたわけですね。水とのコンタクトをなるべく避ける意味でも、拭き取り洗顔が推奨されています。ちなみに、日本はというと多くの地域が軟水です。

「拭き取り洗顔」のデメリット

拭き取り洗顔は、コットンを肌に当てて汚れを取り去る方法なので、敏感肌の人は特に注意が必要です。また、顔の皮膚には凹凸があり、特に小鼻の周りなどに汚れが残ってしまうことも。

また、洗浄剤を使い、水やぬるま湯で洗い流す洗顔に慣れた日本人にとって、拭き取りだけで本当にきちんと汚れを落とせているのか、気になってしまうのも仕方ありませんよね。フランス在住の日本人の中には、水洗いに切り替える人も少なくありません。

フランス人は本当に洗顔料を使わないのか?

私が住む地域は軟水で、実は周りのフランス人女性たちの多くは水洗い洗顔派です。彼女たちは、洗顔石鹸や、泡タイプ、ジェルタイプ、ムースタイプなどの洗顔料を日本人と同じようにして使っています。

拭き取り洗顔, スキンケア, フランス, 硬水, ローラ, 福山雅治, タモリ, 洗わない, CAUDALIE, コーダリー, , nuxe, ニュクス, 自然派 (写真=Thinkstock/Getty Images)

CAUDALIE(コーダリー)やnuxe(ニュクス)といったフランスの自然派スキンケアブランドはご存じでしょうか? 日本にも進出しているこれらのブランドからは洗い流し用の洗顔料も販売されていて、フランス人女性からも人気があります。フランス流の洗い流さない洗顔法は水の硬度によるものなので、フランスでも軟水地域では日本同様に水洗い派も多いのです。

ただし、フランス主流の拭き取り洗顔は、乾燥という面から見ると日本においてもメリットの高い洗顔法といえます。日本では軟水地域がほとんどとはいえ、メイククレンジング剤に洗浄剤のダブル洗顔は、肌の余計な乾燥を招くのも事実。もし乾燥肌で悩んでいるならば、住んでいる地域の水質に限らずフランス流の拭き取り洗顔を一度試してみては?

ポイントは決して強くこすらないこと。クレンジングローションをたっぷり染み込ませたコットンを肌に当て、ごく軽く滑らせるようにしながら拭き取っていきます。仕上げは、たっぷりの化粧水でしっかり保湿。あとはいつもと同じように保湿クリームなどで整えます。

洗顔後、いつもは突っ張りを感じていたお肌が、いつの間にか乾燥知らずになっているかもしれませんよ。もちろん、洗顔の前にメイクはきちんと落としてくださいね!

【カラダを内から美しくするコラムをもっと】
キレイな人は食べない「健康に悪い食べ物」
海外セレブも注目の「スクワット」どこまで効果アリ?
簡単!寝ながらキレイになれる4つの方法
毎日7粒の「クルミ」が引き出す健康パワー
ヴィクトリアもハマった奇跡のフード「ビーポーレン」とは
次に来るのは◯◯◯オイル!?アルガンを超える効能とは
モテ女…恐ろしい子!女性ライター5人が見た本当のモテとは
手軽でカンタン!手作り「マクロビお菓子」
優待生活で美しく。 女性投資家おすすめの化粧品銘柄7選

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に