(写真=Thinkstock/Getty Images)

ヴィクトリアもハマった奇跡のフード「ビーポーレン」とは

90種類の栄養素でビューティー&ヘルシーに!

マヌカハニー、プロポリス、ロイヤルゼリー……。美容や健康への高い効果で注目されてきたミツバチ関連食品に、また一つ新たな「スーパーフード」が現れました。その名も「ビーポーレン」。今回は、話題のビーポーレンについて、その効果や効能、注意すべき点をご紹介します。

ミツバチが作り出すパーフェクトフード

ビーポーレンは、「Bee=蜂」と「Polle=花粉」を組み合わせて名付けられたもの。ミツバチは採取した花粉を、体内から分泌した酵素で固めて団子状にし、後ろ足に付けて巣まで運びます。ビーポーレンとは、その名の通りこの花粉団子のことです。

もともとは、蜂の子やハチたちの餌として作られたものであり、含まれる栄養素は約90種! 一度にそれだけの栄養素を摂取できることから、「パーフェクトフード」とさえいわれています。

このビーポーレン、ヴィクトリア・ベッカムがSNSで紹介したり、モデルの道端ジェシカが朝食に取り入れていることなどが話題となり、注目を集めました。美容に関心が高いセレブがハマっているだけあり、美肌や健康に対する効果も非常に高いとされているのです。

ビーポーレンを構成する90種類の栄養素とは?

では、ビーポーレンにはどんな栄養素が含まれているのか、見ていきましょう。

まずは、ビタミンA、B、C群など16種類のビタミン類。8種の必須アミノ酸と20種類のアミノ酸に、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが16種類。他に、強い抗酸化物質である「ビオフラボノイド」や、リン脂質の一種「レシチン」なども含みます。

滋養強壮と疲労回復

高機能栄養素を豊富に含むため、体を強くして疲労回復にも役立ちます。

アンチエイジング効果も高い

ビタミンC、Eに加え、ビオフラボノイドには強い抗酸化作用があり、活性酵素の増加を防ぐといいます。細胞の老化を遅らせてくれる働きは、まさにアンチエイジングといえますね!

ダイエット効果

ビーポーレンには整腸作用があり、便秘解消にも役立ちます。また、低カロリーかつ高たんぱくであることに加え、脂肪の燃焼を助けるレシチンを含んでいて、ダイエット効果も期待できるのです。

そのほか、貧血、花粉症、アトピー性皮膚炎などの改善、精神安定の効果もあるようですよ!

ビーポーレン, ハチミツ, スーパーフード, パーフェクトフード, 美容, 健康, セレブ (写真=Thinkstock/GettyImages)

ビーポーレンに副作用はあるの?

抗アレルギー効果があるとされるビーポーレンですが、その一方でアナフィラキシーショックを起こしたという報告も上がっています。ハチミツアレルギーを持っている方が摂取した場合、非常に危険であることはいうまでもありませんが、非常に強力かつ多数の栄養素で構成されているだけあり、他のアレルギーにも反応してしまう可能性は十分に考えられます。

花粉症にも効果的といわれながらも、アレルギーの種類や強さによっては、逆に悪化してしまうこともあるようです。何かしらのアレルギー体質である場合、まずは医師に相談した方がよいでしょう。

また、大量に摂取すると下痢などの症状を起こすことがありますので、初めは少量から摂取することをオススメします。

パーフェクトフード「ビーポーレン」は、今後ますます注目を集めそうですね。美や健康への意識の高い方はもちろん、最近疲れやすくなった、風邪を引きやすくなったという方も、滋養強壮の一環として取り入れて、その効果を実感してみてください。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に