(写真=Thinkstock/Getty Images)

いくつ知ってる?90年代用語あるある

ランバダ、ティラミス、成田離婚...

そろそろ20年前になる、90年代の用語を集めてみました。今だと考えられないようなものが結構たくさんあります。あなたは、いくつご存知ですか?

ランバダ

南米から発祥し有名になったダンスおよび音楽なのですが、日本では石井明美さんが1990年3月に発売した「ランバダ」が有名で、「腰を密着させてくねくねしながら踊るダンスの事を指しました。

ティラミス

イタリアのデザート菓子の一種で、コーヒーとリキュールをしみ込ませたスポンジケーキにマスカルポーネチーズを加えて作ったやわらかいケーキです。日本では、デニーズを皮切りに、多くのファミリーレストランでメニューに加えられました。

アッシー君

女性が、移動手段として考えている男性のことです。女性に自らの自家用車で送り迎え(報酬はなし)をさせられます。他に、女性に食事をおごる「メッシー君」というのもありました。懐かしいですね。

成田離婚

新婚カップルが新婚旅行中に喧嘩などで関係が悪くなり結婚相手として疑問を抱いてしまい、帰国・成田空港への到着の後に離婚してしまうことを指しました。新婚旅行に海外へ行く事が定着していた時代ならではな言葉でしたね。

あるある (写真=Thinkstock/Getty Images)

ポケベル

電話サービスの一つで、ポケットに入る小型の携帯用無線受信端末、およびそれを利用した電文サービスでした。1997年には1000万を超える加入数でしたが、携帯電話の普及ともに減少し、2007年の3月末でサービス終了になりました。

オーバーオール

つなぎと言われていたオーバーオール。更に最近は「サロペット」「オールインワン」などと言い方が変わりつつあるようですが、90年代に流行したファッションの1つでした。他にも「スパッツ」は「レギンス」、「フレアスカート」は「サーキュラースカート」、「ジーパン」は「デニム」など、ファッション用語は日々色々と進化していますね。

たまごっち

1996年11月にバンダイから発売されたキーチェーンゲームであり、登場するキャラクターのことでもあります。名称の由来は「たまご」と「ウオッチ(腕時計)」です。今でもさらに通信機能が付いて進化し、生き残っている商品です。

いかがでしたでしょうか。今から思うとかなり懐かしいものばかりですが、その当時は夢中になっていたものも多かったのではないでしょうか。たまには昔を懐かしんでみては?

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に