(写真=Thinkstock/Getty Images)

【連載】「わたしがFPになった理由」

第9話 自分を強くするために学びたい◯◯の知識

勤務先の法律違反も見抜けなかったあの頃。

FPの武藤貴子さんはかつて、「うちの会社は正社員でも、健康保険も年金も雇用保険もしばらくは入れない。自分でやってね」と転職先で告げられた経験から、FP資格の勉強に動いたそうです。お金の知識がないと、企業側の間違いにも気づけない――。自分を強くするために必要な知識について語ってもらいます。

「正社員でも雇用保険入れない」

FPの資格を取ろうと志した時、私は金融とは全く無関係の業界で仕事をしていました。新卒で入社した大手システム会社から、小さな美容品卸売会社へ転職。その時、「うちの会社は正社員でも、健康保険も年金も雇用保険もしばらくは入れない。自分でやってね」と言われたことがきっかけでした。

今でこそ、それは法律違反とわかりますが、当時は「これからどうしよう!」という気持ちでいっぱい。私には、お金や社会保険に関する知識が全くと言ってなかったからです。お給料も少なくやりくりにも必死でしたので、その時はとにかく、自分の生活のためにお金の勉強を始めました。

会社員を続けながらFPとして活動開始

お金のことを調べ始めると、雑誌や書籍、テレビやウェブコラムなど、様々なところでFPの先生が活躍していることに気が付きました。「FP」「ファイナンシャルプランナー」という言葉は以前から知っていたものの、どんな職業なのかは、その時初めて知ることとなります。そして、「せっかくお金のことを勉強しているのだから、目標があったほうが楽しい」と、FP試験を受験することに。

大学の専攻も勤めていた企業も金融とは全くの畑違いでしたし、それまではお金のことを学ぼうとしたこともなかったので、お金の知識は一からのスタートでした。仕事の合間を縫ってテキスト片手に独学で勉強し、まずはFP3級の試験に合格。その半年後、2級の試験に合格しAFP資格を取得しました。

「今どんな状況にいても生きていける」

FP資格取得後は、身に付けた知識で何か活動ができればと思うようになり、まずは女性向けFPサークルに登録。そこから、コラムの執筆やFP向け講座の講師の仕事、相談業務などを依頼されるようになりました。

会社員を続けながらの活動は大変忙しい日々でしたが、お金の知識を身に付けFP資格を取得したことで、「今どんな状況にいても、なんとかして生きていける」という自信ができ充実した毎日が始まりました。

第一歩としてすぐに始められること

このように、私は会社員時代のマイナスな出来事をきっかけにして、FP資格の取得に至りました。しかし、追い詰められなければ知ることのなかったお金の知識を身に付けられたのは、逆に幸いでした。

以前の私ほどでなくても、お金についての悩みはほとんどの人が持っていると思います。しかし、悩みながらもお金について知ろうとしない人がとても多いのです。

年間数万〜数十万の差がつく

お金について知ろうとしなければ、不安はそのまま残りますし、不安な気持ちというのはお金に困る状況をさらに引き寄せます。それに、実際にお金の知識があるかどうかで、年間にして数万~数十万円、20年、30年という長い目で見れば、数百万円くらいの格差ができてしまうのです。

FP,お金,起業,コンサルタント (写真=Thinkstock/Getty Images)

いきなり全てを勉強しようとしなくてもいいので、まずは自分が気になっていたり、悩んでいたりするお金のテーマを一つだけ学んでみてください。そうすると、解決策やお得な情報がどんどん見つかるはずです。それを一つ実践するだけで、「なんだ、何とかなるかも」といった気持ちになることでしょう。そして、お金のことを学ぶだけで、現実的に経済状況が良くなっていくことが実感できるはずです。

お金の知識があったから起業できた

お金の知識は、資産を守ったり増やしたりしてくれるだけではありません。お金について知っていることで、人生の選択肢が大きく広がるのです。

たとえば私は、会社を独立して起業し、自分でビジネスを始めることを選びました。それも、お金について知っていたからできたことです。転職した時に、社会保険が受けられずに困ってお金の勉強を始めた、その時の経験から、お金について知っていれば、何とかして生きていけ、リスクへの対応の仕方もわかるということを学んでいたからです。

反対に、お金について知らないと、イメージだけで「できるはずがない」と決めつけてしまい、人生の選択肢や可能性をどんどん潰していってしまいます。これは働き方だけでなく、こんなことがしたい、こんな所に住みたいといった夢にも通ずることです。お金の知識があることで、夢を実現するための行動を起こすことにもつながるでしょう。

お金の知識は人生を豊かにする

私は今、ネット起業のコンサルタントもしていますが、それも会社員時代に勉強を始めたお金の知識が役立っています。特に、「お金を守る一番の方法は、自分で稼ぐ術を身に付けること」と気付き、そのための方法を教える仕事に就けたことは何よりの喜びです。

お金を守ること、増やすこと、そしてお金を稼ぐことは豊かな人生に必要不可欠。これらを提案できる今の自分があるのは、お金のことを学び、FP資格を取ろうと決めた会社員時代の自分が全ての始まりとなっているのです。

お金の知識というのは、たとえそれを仕事にしなくても、人生をより良いものにするために欠かせない要素の一つ。その学びの証として、FP資格を目指してみるのもいいかもしれません。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に