(写真=Thinkstock/Getty Images)

もしかして臭う!? 気になるワキの下の臭いを防ぐ方法

夏のエチケット 体臭対策 あれこれ

ノースリーブや半そでを着る機会も増える夏。ワキの臭いが気になりませんか?

特に夏は、暑さのせいで汗をかきやすいですし、エチケットとしても体臭対策が必要です。 そこで今回は、日頃から実践できる「ワキの臭いを防ぐ方法」をご紹介いたします。

常に清潔にしておくこと

ワキの下の臭いの原因は汗をかいた後の雑菌です。

この雑菌が出ないようにするには、日頃から常に清潔にしておくことが大切。汗をかいたら、シャワーで流したり、アルコールを含んだ汗ふきシートなどを利用したりするようにしてください。

なるべく洋服に汗の臭いが染み付く前に拭き取っておいた方がベターです。匂いが洋服にシミついてしまうと、脇を拭いても洋服から匂いがでてしまいます。外出中でも汗ふきシートを持ち歩き、定期的にワキの下をキレイにするように心がけましょう。

汗ふきシートなどを使わずに、すぐ制汗スプレーなどを使ってしまう人がいますがこれはNG!

わきの臭いと制汗スプレーの臭いが混ざってより匂いが酷くなりますし、かえって雑菌が繁殖してしまうことがあります。また、ワキの下を清潔に保つためにも、ワキの下のムダ毛処理はしっかりしておきましょう。

通気性の良い洋服を着る

デオドラント, 腋臭 (写真=Thinkstock/GettyImages)

通気性の悪い服を着ると、汗で蒸れてしまい、体臭が臭うようになります。

また、蒸れによって皮脂や汗を酸化させる細菌も増殖する環境が整ってしまうので要注意! 体臭予防には、吸湿・放湿性が高い速乾性加工された合成繊維やシルクがオススメです。

逆に、衣類に汗が残りやすい綿や、肌に汗が残りやすいポリエステルは体臭予防にNGです。特に夏場など汗をかきやすい季節は、オフィスに着ていくシャツなどは通気性を重視して選んでくださいね。

制汗剤で対策

制汗剤には、さまざまなタイプがあります。

スプレータイプ

手軽に吹付けられるので、オフィスでも活躍。爽快感があり、さらっとしているのが特徴です。

スティックタイプ

塗りやすいスティックタイプは、肌にしっかり吸着して、汗が出るのを防いでくれます。ワキの下に直接塗るので、スプレーのように香りが拡散することもありません。

シートタイプ

持ち運びできるので、いつでもどこでも気軽にケアすることができます。通勤後など、オフィスでカンタンに拭き取れるので、匂いが気になる暑い季節は常備しておくと便利です。

クリームタイプ

消臭効果や制汗効果が一番高いクリームタイプ。汗が特に気になる人にオススメです。

制汗剤は、汗をかく前や入浴直後など肌が清潔になっている状態で使うのが効果的です。 通勤後など汗がよく出る時は、汗ふきシートで拭き取り、スティックタイプやスプレーで匂いを予防。寝る前や朝シャワー後は、クリームを塗るなど、1日のシーンに合わせて使い分けると良いですよ。

以上、ワキの下の臭い対策でした。

ワキの下の臭いを防ぐポイントは、匂いの原因となる汗や菌を常に拭き取り、清潔に保つこと。プラス制汗剤などを利用しながら汗ケアをして、常にキレイなワキをキープしましょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に