(写真=Thinkstock/Getty Images)

ジェシカ・アルバに学ぶ、TPOで楽しむスカートコーデ6選

シーンに合わせたファッションで自分を演出するコツ教えます。

カリフォルニア生まれのハリウッド女優、ジェシカ・アルバ。キュート&セクシーなイメージで世界中の女性のファッションアイコンでもある彼女は、2007年にイギリスの情報誌で「世界一セクシーな女性」第1位に選ばれました。

プライベートでは2児の母であり、安心安全な日用品を通販する「Honest Company」の経営者としても成功しています。女優、母、経営者、そんな3つの顔をもつジェシカ・アルバから学ぶ、TPOに合わせたスカートの着こなしテクニックをご紹介します。

ジャケット×タイトスカートは知的に見えるオススメシルエット

Nashville @incmagazine #GrowConf talkin all things @honest w moderator #lindsayblakely #entrepreneurlife #growco2015

Jessica Albaさん(@jessicaalba)が投稿した写真 -

ジャケットにタイトスカートを合わせるコーディネートはオフィススタイルの定番ですね。知性を感じさせるシルエットで、会議やプレゼンのある日にオススメです。

写真のジェシカは、ヒップにかかるくらいの少し長めのジャケットと、ハイウエストのタイトスカートを合わせることでトレンド感を足しています。Vネックのトップスで鎖骨を見せ、袖をまくり上げて手首を出したことで、大人の抜け感が感じられますね。グリーンのプリントスカートのチョイスも、ひねりの効いたスパイスに。ありきたりなオフィスコーデとは一線を画しています。

シャツスタイル+ビッグパターンのスカートでインパクト

こちらもジャケット×タイトスカートのコーディネートバリエーション。トップスはブルーのシャツにホワイトのジャケットというシンプルかつベーシックな組み合わせですが、ボトムスにビッグパターンをもってきたことでインパクトのある着こなしになりました。スカートの柄をジオメトリックにすると、大柄でもモードな雰囲気がキープできますね。

ビジネスシーンでも通じるけれど、ちょっとモードなインパクトが欲しいというときには、ビッグパターンのタイトスカートが活躍してくれます。

ポイントジャケットには黒無地のタイトスカートでまとめて

グレンチェックのダブルジャケットは、それだけでコーディネートのポイントとなります。そんなアイテムを引き立たせるなら、スカートはすっきりまとまる黒無地のタイトスカートがオススメです。トップスに白のカットソーを合わせれば、モノトーンでシックな印象に。その分、大ぶりのイヤリングや赤いリップでスタイルに華を添えているのもさすが!

マンチックなシフォンのロングスカートはブラックで引き締めて

#fbf @ralphlauren #pinkpony

Jessica Albaさん(@jessicaalba)が投稿した写真 -

ベビーピンクのロングスカートは一見難易度が高そうですが、他のアイテムを全てブラックで統一して引き締め、甘くなり過ぎない大人の女性にふさわしいコーディネートに仕上げています。首元の詰まったクルーネックのセーターは、重くならないようショート丈でバランスを取って。ビジネスライクなバッグや、ビッグフェイスの腕時計を合わせると、甘めアイテムをかっちりとした雰囲気のハズしアイテムとしてアレンジできます。

ロング&リーンのIラインシルエットでスタイルアップ

#nyfw @thakoonny photo cred @alitaekman

Jessica Albaさん(@jessicaalba)が投稿した写真 -

こちらはカジュアルライクなコーディネート。トップス、スカートともにロング丈の「Iライン」は、スタイルよく見せるシルエットです。スカートは広がりすぎない、ストンとしたシルエットを選ぶのが大人っぽさを見せるコツ。ジェシカはシースルー素材で程よいセクシーさを加えていますが、落ち感のある軽めの素材なら、透けていなくてもこなれた雰囲気が演出できます。

ウエストマークのフレアスカートでTシャツを格上げ

ラフなコットンのTシャツですが、張りのあるフレアスカートでウエストマークすることによって、カジュアルなスタイルを少しモードにひねっています。シンプルですが全体にメリハリが効いたコーディネートですね。トップスをシャツにすれば、そのままオフィスにも着ていけそう。

ハリウッド女優として華やかなイメージのあるジェシカ・アルバですが、会社の経営者でもあるということもあり、TPOに合わせて自分を上手に演出していることが分かります。経営者として表舞台に立つときは、どのコーディネートもオフィシャルな場で派手になり過ぎないように、スカート丈や、合わせるアイテムでバランスを取っているのです。

時と場合と相手に合わせてファッションを自分らしく演出する。これが本当のファッショニスタ!です。あなたもジェシカのように、TPOを楽しんだオフィススタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に