(写真=PIXTA)

凛と着回す 初夏のクロップドパンツコーデ

これから欲しいアイテム、クロップドパンツのコーデをご提案!

カジュアルなアイテムもセンタープレスのクロップドパンツさえあれば、オフィス仕様に早変わり。あなたのワードローブがもっと活用できる、コーディネートのアイディアをご紹介します。

「凛」の秘訣は素材のハリ!

ビジネスの場に相応しい「凛」としたイメージのコーディネートに仕上げるには、パンツの素材選びが重要。ハリがあり大人っぽいイメージのものを選びましょう。

特に今年は、太めのゆったりとしたシルエットのパンツがたくさん出ています。太めのシルエットは素材選びを間違うとパジャマのようなイメージに…。抜け感がありながらも、カジュアルすぎないコーディネートのポイントは、クロップドパンツにハリのある素材を選ぶこと。ハリのある素材がよく分からない!という方は、センタープレスの入っているパンツを選ぶと失敗がありません。

着まわしアイディア1:とにかくイン!

カジュアルになりがちなボーダーのカットソーやコットンのTシャツ…。オフィススタイルには着まわしが難しいと思われがちですが、きれい目のクロップドパンツを合わせれば、程よくカジュアルダウンできるアイテムとして活躍してくれます。着こなしのコツは裾をインすること!それだけできちんとした印象にアップデートされますよ。ぜひ鏡の前でトライしてみてください。

着まわしアイディア2:ベルトをプラス

クロップドパンツ (写真=Thinkstock/Getty Images)

Tシャツやカットソーなど、カジュアル感が強いアイテムを組み合わせた時にぜひおすすめしたいのがベルトをプラスすること。ベルトをすることで、適度なきちんと感がプラスされます。女性のオフィススタイルでベルトをしている方は少ないかもしれませんが、その日のコーディネートに合わせてネックレスを選ぶような感覚でチョイスしてみると、意外と気軽に付けられます。

おすすめはレザーのメッシュベルト。どんなウェアに合わせても固くなりすぎず、コーディネート全体の引き締め役になってくれます。細めのものを選べば、より女性らしい雰囲気に。

着まわしアイディア3:手首&足首見せ

きちんとしたクロップドパンツが、今日のコーディネートだと何だか固い…。そう感じた時は、手首&足首見せで大人の抜け感を作ってみるのはいかがでしょうか。襟付きのシャツやジャケットなど、もともとキチンとした雰囲気のアイテムにおすすめのテクニックです。袖はきれいに折り返すのではなく、あえてラフな感じにまくりあげると自然な雰囲気に。細身のバングルやリングをつけても映えますね。

1本あればオフィスコーデがキマるクロップドパンツ。着まわしできそうなアイディアは見つかったでしょうか。股上が深いものや太めのシルエットなど、バリエーションも多彩な今シーズン、1本のお気に入りで「凛」と着回すオフィスコーディネートを楽しんでみてください。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に