(写真=Thinkstock/Getty Images)

楽しく貯金できるオシャレ貯金箱5選

バリエ豊富な貯金箱で節約・貯蓄生活をスタートさせたい!

洋服やバッグに靴……何かと出費が多いアラサー女子。しかし、そろそろ将来に向けて貯蓄も考えなくてはと思う人も多いのではないでしょうか。今までは、欲しいと思ったらすぐ購入! なんてこともしょっちゅうだったけれど、しっかり貯金していきたいなら、まずは節約です。

そこで今回は、貯金が苦手な方でも楽しく節約しながら貯めていけるようなオシャレ貯金箱をご紹介します。お気に入りの貯金箱を1つ手に入れるだけで、節約のモチベーションも今よりグンとアップする……! かもしれません。

思いは海の向こうに…見ていて飽きない地球儀貯金箱

「いつかはこんな国へ訪れたい……」と海外旅行に思いをはせながら貯金をできるのが、この地球儀貯金箱。自分の夢を詰め込んで、楽しく貯金したいあなたにピッタリです。アンティークふうの外観はオブジェとしても優秀。机や本棚に飾って、大人っぽい部屋を演出するのもいいですね。お部屋のスタイルに合わせたカラーを選べば、貯金心もよりアップするかも?

レトロさが魅力!コカコーラボトル型貯金箱

懐かしさ漂うコカ・コーラの空きビンがリアルに再現されたのがこちら。アメリカンな小物と一緒に飾れば、ノスタルジックな雰囲気も演出できそうです。素材はプラスチックなので割れる恐れもナシ。どのくらいたまったのかを目で確認できるのもうれしいですね。

重厚な雰囲気がオシャレ。インテリア貯金箱

一見、とても貯金箱には見えないところがポイント高いオブジェタイプの貯金箱のうち、こちらはタイプライター型。アンティークな質感と細部まで再現されたリアルさで、思わずカタカタとタイプしてみたくなりそう。ほかにスケール型、コーヒーミル型があり、そろえて飾ってもすてきですね。

哀愁あるゾウの表情がたまらない。インドの革細工貯金箱

こちらのゾウさん型貯金箱は、山羊(やぎ)革製。鮮やかなカラーリングとユニークな柄がエキゾチックです。この革細工は「シャンティニケタン」と呼ばれる技法で、日本から伝わったものだそう。1つ1つ丁寧に手作業で作られています。カラーはピンク系・黄色系・赤系の3色で、風合いの変化を楽しめるのも本革ならでは。貯金できた年月とともに、あなただけの貯金箱に育て上げられるというのもいいですねインテリアとしてもオススメの一品です。

ドイツのデザインブランドが贈るハイセンス貯金箱

シンプルかつユニーク、それでいて実用的なデザインが魅力のドイツブランドPhilippi(フィリッピ)。ニューヨーク近代美術館(MoMA)にも所蔵されていて、欧米を中心にファンが多いブランドです。このステンレス製貯金箱は、ずっしりとしたクールな素材と丸みを帯びたキュートなフォルムの組み合わせがオシャレ。モノトーン調のお部屋に似合いそうです。貯金箱にしてはなかなか高価なこちら。貯金を決意した自分へのご褒美になんていかがでしょうか?

かつては貯金箱といえば、とにかく実用性が第一だった時代もありましたが、今ではバリエーションも豊富。一見インテリアにしか見えないもの、凝った仕掛けがあるもの、異国の文化が感じられるもの――とさまざまです。お部屋のスタイルにピッタリ合った貯金箱が、きっと見つかることでしょう。貯金箱を1つ身の回りに置くことで、無駄遣いしがちな心を引き締められるかもしれませんよ!

アラサー,貯金,節約,貯金箱,インテリア (写真=Thinkstock/Getty Images)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に