(画像=筆者提供)

【連載】「アラサー女のリアル株式投資リポート」

#04 ネット証券口座の開設を画像付きでリポートします

まずはネット証券最大手のアノ会社の口座を開設しました。

前回、FPの高橋さんに株式投資についてお伺いし、「投資=怖い、怪しい、大損する」というイメージ(偏見)がなくなり、「私にも株、できるかも!」と、少しだけ自信を持った筆者。とはいえ、証券口座を開設しないことには株は買えません。さっそく、ネット証券口座開設をすることにしました。

ネット証券口座を比較

パソコンから「ネット証券」で検索してみると、手数料の違い、チャートやツールの見やすさ・使いやすさなどなど、あらゆる項目の比較サイトがたくさんあったので、見てみることにしました。

「なるほど、ここは手数料が安いのか」「ここは情報が充実していて、スマホからも操作しやすいんだな」などなど、どのネット証券口座も捨てがたい…。

いくら口座開設が無料とはいえ、全ての口座を開設するわけにもいきませんし、何よりもまず、実際に口座を開設してみないことには、比較もできません。

まずは1社目を決めなくては…迷いに迷い、途方に暮れかけたその時、ある証券会社が目に入りました。

1社目は最大手のネット証券に

「SBI証券」

何気なく公式サイトを見てみると、「総合口座開設数ネット証券No.1」の文字が目に入りました。

何でも、SBI証券はネット証券で350万以上の口座開設数を誇る、最大手のネット証券会社とのこと。そういえば、高橋さんも「大手のネット証券であれば、初心者でも使いやすいのでは?」と仰っていたし、それだけの口座開設数を誇っているということは、使いやすさや得られる情報など、何らかのメリットがあるはず。

「いつまでも迷っていても仕方がない!よし、1社目はSBI証券にしよう!」

口座開設スタート!

そうと決めたら、あとは行動あるのみ。サイトの「口座開設はこちら」ボタンをクリックすると、下記のようなページが出てきました。

株リポート② (画像=筆者提供)

どうやら、口座開設にはマイナンバー通知カードか個人番号カードが必要とのこと。

個人番号カードを作成していないため、自宅に届いていた通知カードを手元に用意。本人確認書類の提出方法には、WEBアップロード、書面、Eメールの3種類がありましたが、手元にカードがある場合は「WEBアップロード」が開設までの時間が早く、おすすめとの記載を見つけたので選択。個人情報の入力を開始しました。

株リポート③ (画像=筆者提供)

名前に生年月日、住所、メールアドレスなどの基本情報を入力し、スクロールしていくと、下記画面が出てきました。マイナンバー通知カードを撮影し、アップロードする必要があるそうです。

株リポート④ (画像=筆者提供)

さっそく通知カードをスマートフォンのカメラ機能で撮影し、下記のようにアップロードしました。その他にも本人確認書類が必要とのこと。健康保険証と住民票を、同じく撮影・アップロードすることにしました。

株リポート⑤ (画像=筆者提供)

さらに、住民票を撮影・アップロード。これで、本人確認書類全てのアップロードが完了しました。

株リポート⑥ (画像=筆者提供)

入力した内容に間違いがないかどうかを確認します。

株リポート⑦ (画像=筆者提供)

そして無事、口座開設の申し込み手続きが完了しました。

株リポート⑧ (画像=筆者提供)

ここまででかかった時間は、個人情報の入力・確認に10分、本人確認書類の写真撮影・アップロードに5分、合計わずか15分!

あれこれと多くの情報を入力しなければいけないものだと思い込み、「1時間くらいはかかるんだろうな」と予想していたので、想像以上にスムーズに申し込みができたので驚きました。

申し込みから3日後…

それから3日後の夜、家のポストを見ると、郵便局から「特定事項伝達型郵便物到着」の手紙が届いていました。その日は夜ですでに郵便局が閉まっていたため、次の日の朝にさっそく電話。当日中に配達してもらうことに。本人確認資料の健康保険証を用意し、自宅に届けてくれた配達員の方に見せてから、SBI証券から届いた封筒を受け取りました。

株リポート⑨ (画像=筆者提供)

中には、口座開設完了通知書兼パスワード通知書が入っていました!先日の申し込みで、無事に口座開設が完了したようです。

株リポート⑩ (画像=筆者提供)

公式サイトのトップページから、書類に記載されていたユーザーネームとパスワードをさっそく入力し、ログインしてみました。

株リポート⑪ (画像=筆者提供)

ログイン後、初期設定としてお客様情報の登録が必要とのこと記載がありました。

株リポート⑫ (画像=筆者提供)

メールアドレスや氏名、住所などを改めて入力します。

株リポート⑬ (画像=筆者提供)

株リポート⑭ (画像=筆者提供)

振込先金融口座の入力画面が出てきたため、現在使用している口座番号などを入力します。

株リポート⑮ (画像=筆者提供)

取引ルールの確認や、約款などの書面を確認します。何だかドキドキ…。その他、資産や融資経験の有無、SBI証券を選んだ理由などについて回答しました。FX口座を開設する場合にはまた別の手続きが必要になるそうなのですが、今回は開設しないため、先へ進みます。

全てのお客様情報入力が完了し、トップ画面に戻ると…。これまでとは違い、下記のようなトップ画面になりました!正しく入力ができたようです。

株リポート⑰ (画像=筆者提供)

これから使う予定のページである「国内株式」のボタンをクリックすると、下記のような画面になりました!

株リポート、国内株式 (画像=筆者提供)

このほか、リアルタイムの日経平均株価をはじめ、株式ニュースなども閲覧でき、かなり充実しています!

SBI証券のネット証券口座開設をして感じたこと

今回、口座開設をしてみてとても驚いたことは「口座開設までのスピードの速さ」です。

全くの投資初心者の私でも、お客様情報入力にかかった時間はわずか15分。口座開設準備にかかった時間と合わせても、わずか30分。それも全て自宅にいながら手続きが完了したため、「面倒」「大変」と感じる手続きは特にありませんでした。

口座開設にかかった時間、日数は?

今回は本人確認書類の提出方法にWEBアップロードを選択し、申込みからパスワード通知書類の受け取りまでに計4日かかりました。当初は、申込みから口座開設までは早くても1~2週間程度かかることを想定していたので、予想外の早さでした。

おそらく、私がWEB上で申込みをしたのが夜遅い時間であったことと、都内から少し離れた場所に住んでいることもあって4日がかかりましたが、SBI証券の公式サイトを見てみると、最短であれば申込みの翌営業日には通知が届き、ログインして取引を開始できるそうです。

ようやくスタートラインに

まだ実際に取引を開始していない状況で言うのも何ですが、迷いながらもネット証券会社を決め、証券口座開設ができたことで、ようやくスタートラインの手前くらいには何とか立てた気がします。(気が早いかもしれませんが…)

しかし、そうは言ってもまだまだわからないことだらけ。株を購入するまでの期間はひとまず、時間がある時にちょこちょことログインし、日経平均株価やニュースなどを見て自分なりに勉強することにしました。そして、他のネット証券会社も開設し、違いや使いやすさなどを比較してみようと思います!(続く)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に