(写真=Thinkstock/Getty Images)

手軽でカンタン!手作り「マクロビお菓子」

オーガニックな手作りお菓子で体の内からキレイになろう

雑誌やテレビなどで注目を集めている「マクロビオティック」。玄米や雑穀を主食に、野菜や海藻、乾物などを副菜として組み合わせたヘルシーな食生活法です。マクロビの基本は、オーガニックや自然農法で作られた土地の旬のものを丸ごととること。独自の陰陽論に基づいた素材や調理法がポイントで、精製した砂糖は使わず、肉類や卵、乳製品、一部の魚を控えたメニューも特徴です。

最近では、マクロビレシピの料理本やマクロビメニューを取り入れたカフェやレストランも増え、スイーツ界にもヘルシー志向のお菓子が出てきています。今回は、マクロビを実践したことがある方、興味をお持ちの方のために、挑戦しやすい手作り「マクロビお菓子」をご紹介します。

マクロビお菓子の材料は?

身体に優しいお菓子を作るときには、材料選びも大切なポイントになります。素材の味を生かすためにも、合成化学物質を使っていない無農薬のものを選ぶようにするといいでしょう。マクロビお菓子の材料は、街中にある一般的なスーパーでは手に入らないものも多くありますが、自然食品店やインターネットなどで探すと見つけやすく、種類も豊富です。

それでは、よく使われる基本的な材料をご紹介しましょう。

【 粉 】小麦粉、全粒粉、強力粉、玄米粉、米粉、白玉粉

【甘味料】玄米甘酒、米あめ、玄米あめ、きび砂糖、てんさい糖、黒砂糖、メープルシロップ、りんごジュース、にんじんジュース

【植物油】菜種油、ごま油

【 豆乳 】遺伝子組み換えでない大豆から作られた成分無調整のもの。有機栽培大豆が望ましい。

【その他】穀物フレーク、オートミール、キャロブパウダー(ココアの代用品)、ピーナッツバター、豆みそ・麦みそ(お菓子には白みそが使いやすい)、雑穀(ヒエ・アワ・キビなど)

マクロビお菓子の材料には、なるべくオーガニックのものを選ぶことをオススメしますが、初めからすべてをそろえるのは、少しハードルが高いかもしれません。まずはあまりこだわり過ぎず、なるべく国産品の“体に優しい”素材でを選んでチャレンジしてみてください。

簡単!実践!マクロビスイーツレシピ

★メープルシロップのマフィン★

【材料】 A

  • 薄力粉:100g
  • ベーキングパウダー:小さじ1

B

  • 成分無調整の豆乳:40ml
  • メープルシロップ:大さじ4
  • 菜種油:大さじ2

ピーカンナッツ:適量

【作り方】

  1. ボウルにBを入れ、泡だて器でボウルの底をこするようにしながら混ぜ込む 。Aをふるい入れ、大きく混ぜる。
  2. からいりして荒く刻んだピーカンナッツを加え、さっと混ぜる。このときグルグル混ぜすぎないようにする。
  3. 型の8分目くらいまで生地を流し込み、トッピングにピーカンナッツを1つ乗せて180度のオーブンで20~25分焼く。
  4. 焼き上がったらハケで表面にメープルシロップを塗り、冷ます。

参考:『まいにち食べたい“ごはんのような“ケーキとマフィンの本』

自然な甘みを実感!ダイエットにも最適です

マクロビオティックというと難しく思えるかもしれませんが、材料も作り方もとてもシンプル。バターや卵を使わないので洗い物も簡単で、ボウル1つで作れます。

また、食べてみると分かりますが、こってりとした甘さはありません。ナチュラルな甘みが生きているので、マクロビお菓子に体が慣れてくると、お砂糖をたくさん使わないお菓子を自然と選ぶようになりますよ。

体にもよく、ダイエット中でも安心して食べられるマクロビお菓子。ぜひ一度、お休みの日にでも手作りしてみませんか?

マクロビ,おやつ,手作りお菓子,ヘルシー,砂糖不使用,オーガニック,有機 (写真=Thinkstock/Getty Images)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に