筆者(左)の質問に答える高橋さん(写真=DAILY ANDS編集部)

【連載】「アラサー女のリアル株式投資リポート」

#02 初心者でもネット証券を使いこなせますか?

株を買うために必要な証券口座についてFPさんに聞いてみました

30歳を来年に控え、ひょんなことから生まれて初めての株式投資に挑戦することになりました。本などでリサーチはしたものの、全くの初心者で疑問だらけ……。

ファイナンシャル・プランナー(FP)の高橋忠寛さんに相談する頂く機会をいただき、株式投資を始めるうえでの注意点や、他の金融商品との違いなどについてお聞きしました(#01参照)。今回は、実際に株を買うために必要な証券口座について聞いてみました!

「対面証券」と「ネット証券」の違い

――今後、株の取引のための証券口座を開設する予定なのですが、窓口があるタイプの「対面証券」と、パソコンやスマホから申込みができる「ネット証券」の2種類があると知りました。この2つの違いはなんでしょうか? 個人的には、コストの安いネット証券の方がいいのかな…と思っています。

まず対面証券とネット証券の違いで言うと、取引をする上で大きいのは、手数料ですね。おっしゃるとおり、ネット証券の方が対面証券に比べて圧倒的にかかるコストは安いです。

ただし違いはそれだけではありません。大きく異なるのはやはり「人がいるかいないか」ですね。

初心者,ネット証券 (写真=PIXTA)

ネット証券は、口座の開設から、どのような金融商品を買うのか、ツールの使い方などについて、全部ネットを通じて自分で行うことになります。対面証券であれば担当の証券マンがいますから、その人に相談をしたり、ある程度任せていてもできてしまうという面があります。

ただ、対面証券の場合、Y子さんのようにこれから投資を始めようという若めのお客様が、高額な取引などを行う資産家のお客様と同等のサポートや情報提供を証券マンからしてもらえるかというと、残念ながら期待しにくいかもしれません。

証券マンも各自の目標値などがありますから、どうしてもまとまったお金を動かしてくれるお客様の方を優先する傾向はあると思います。

――た、確かにそうですね!私が証券マンでもそうすると思います…。

初心者でもネット証券を使いこなせるの?

――ちなみに全くの初心者でも、ネット証券で口座を開設してツールなどを使いこなせるものなのでしょうか?

ネット証券の場合、初心者にも対応できるように取引画面やシュミレーションツール・情報提供などが充実しています。

対面証券とは違って店舗や人件費などがかからない分、お客様が個人で運用・判断するのをサポートするために経営資源やお金をかけているのです。もちろん自分で調べたりする手間はありますが、全くの初心者の方でも、きっと活用できると思いますよ。

―わかりました(ホッ)! 調べてみたところ、ネット証券は会社によって、売買手数料やサービスなどが異なるようなのですが、何か違いはあるのでしょうか? これまで、通常の銀行口座を開設するくらいしか経験がないので、違いがよくわからないんですよね…。

ネット証券会社によってサービスの内容や売買手数料などが異なるのは、他の業界と同じように、お客様を増やすための営業戦略でしょうね。

ネット証券会社を決める上では、ツールや情報の質で選ぶ人もいますし、とにかく売買手数料が安いところで選ぶ人もいて、選び方は人それぞれです。

ただ基本的には、そんなに大きな違いはないのではと思います。取引する金額や取引の頻度などによって、自分にとってベストな所を見つけるのがいいと思います。

初心者,ネット証券 (写真=PIXTA)

ちなみに投資信託や外国株、ETFなど日本株以外の金融商品ですと、ネット証券会社ごとに手数料が違ってくることがあります。証券会社によって取り扱っている商品の数や種類に特徴があったり、外国株の特定口座の取引の有無などもありますので、そういった投資を行う場合には、どのネット証券会社を選ぶか検討する必要があると思います。

ネット証券もいろいろあるけど、どう選ぶ?

――口座を開設するだけであれば無料なので、まずは複数のネット証券口座を開設してみて、サービスなどの違いを比べてみようかなと考えているのですが、そういった方法でも大丈夫でしょうか?

実際に操作をしたり、やってみないとわからないと思うので、そういった方法でもいいと思いますよ。

ただ一点、例えばNISAなどは金融機関が一社しか選べないので、どこにするかは考えておく必要があるかもしれないですね。基本的に、大手のネット証券会社であれば最低限のツールは揃っていますし、サービスも充実しているので、初心者でもそんなに使いづらいことはないのではと思います。

投資信託などを取り扱っていなくて、株にこだわっているネット証券会社も中にはあります。そういった所には固定のファンがついていたりするので、今回、株式投資だけを行うのであれば、そういったネット証券会社を選んでみるのもいいかもしれませんね。

―なるほど!ネット証券会社を調べてみて、いくつか気になる所をピックアップしてみようと思います!

仕事で忙しくて毎日チェックできないけど大丈夫?

――株を始めるにあたって、株価をチェックしたり、情報収集したり毎日1時間くらいは「株」にかける時間を取らなければいけないのかな…と考えています。仕事で忙しい時などは、なかなか時間が取れない日もあると思うのですが、それでも大丈夫でしょうか?

そんなに(1日1時間も)かけなくても大丈夫だと思いますよ(笑)。口座開設後、ツールなどを開けば損益や株価などがわかりますから。

もちろん、購入した株の企業情報のチェックなどはやった方がいいとは思いますが、毎日時間をかけてやらなければ株式投資はできないかというと、そうではないと思います。

初心者,ネット証券 (写真=PIXTA)

日経平均株価や、為替がどういう方向に動いているかなどの全体の状況を確認するのは、1日数分でもよいので、やっていった方がいいと思います。銘柄情報や、金利の動きなども。世の中の動きと、個別企業の動きがどう連動するかを掴んでいくことの方が大事だと思います

——そうだったんですね! 通常は1日数分、経済全体の状況を確認するだけでいいなんて意外です。個別企業の動きはどのようにして把握したらよいでしょうか。

配当金が来る時に、企業から一緒に決算状況も送られてきたりしますし、個別企業のホームページだとより早く情報を手に入れられると思います。企業のホームページや決算情報、IR情報などは見ておいたらいいと思います。

ちなみにですが、個別企業の株を買うときは企業情報をある程度調べる必要がありますが、投資信託やETFは半年や1年に1回、10分程度時間が取れる人であればできると思っています。

今の日本の経済環境を考えると、普通の人でも資産運用や資産形成をしていったほうがいいのは間違いないです。忙しくて時間と労力がかけられない人でも、手間のかからない資産運用の方法もあるので、やった方がいいと思いますね。

毎日時間をかけなくていい!にビックリ

「株」というとドラマや映画みたいに、1日中パソコンに張り付いて、何台もの画面を見ながら取引する、みたいなイメージがあったので、毎日時間をかけなくてもいい!というのは目からウロコでした…。

筆者が驚いていると、高橋さんは「日本では投資に対して勘違いしている人が多いんですよ」と話し、「日本ではなぜ投資家のイメージを勘違いしている人が多いのか」について説明してくれました。(続く)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に