(イラスト=筆者)

定番スカート・黒タイトの正しい選び方

夜は±1アイテムでオトナのコーデ

オフィススタイルにぴったりのベーシックな黒タイトスカート。実は仕事帰りに予定がある日の強い味方でもあるのです。

オフィスではきちんと見えて、退社後はエレガント。そんなオンオフ両立できる黒タイトの着こなしをご提案します。

まずは黒タイト選び。最も重要なのはサイズ感!

タイトスカートで一番大切なのはサイズ感。これを間違えてしまうと、どんなにすてきなデザインでも“イマイチ決まらない女”になってしまいます。ぽっこりおなかやパツパツヒップに見えないよう、自分の体にぴったり合ったサイズを選びましょう。

ベーシック,タイトスカート,オンオフコーデ,着こなし (写真=Thinkstock/Getty Images)

自分のカラダにぴったりのサイズを選ぶためのポイントは、試着の際に座ったりかがんだりしてみること。立ち姿はきれいでも、長時間座っていると苦しくなる服はありませんか? 特にデスクワークが多い方の場合、サイズの合わない服はむくみや肩こり、便秘のもとになります。

オフィススタイルでは、丈も重要なポイントです。座ったときにスカートがずり上がって短く見えてしまわないよう、膝上より長い丈がオススメです。

オン→オフ!ワンアイテムで切り替えコーデ

さらに黒タイトスカートを着こなすために、ワンアイテムでオンからオフに切り替えるテクニックを3つ紹介します。

テクニック①ジャケットオフでディナースタイルに

タイトスカート+ジャケットは、“きちんと感”高めのコーディネート。そこで、退社後にプライベートでディナーの予定があるときは、エレガントな雰囲気になるトップスを選んでみましょう。ノースリーブのトップスや、袖に透け感のあるブラウスなど、袖まわりのデザインにポイントがあるものは、上着を脱いだときに全く違う印象が演出できます。日中のきちんとした雰囲気とのギャップを楽しんで。

ただし、襟付きのシャツをトップスに選ぶのは要注意! プライベートのディナーの場にはビジネス感が出過ぎてしまいます。どうしてもシャツを着たい場合は、ノーカラーのブラウスや、てろんとした落ち感のあるフェミニンな素材をチョイスしましょう。

テクニック②ジュエリーオンで女子会スタイルに

「久しぶりに会う女友達と女子会!」という日なら、シンプルなニットを組み合わせてみてはどうでしょうか。ローゲージなら、タイトスカートと組み合わせることでシルエットに差が生まれ、メリハリのあるコーディネートになります。退社後はロングネックレスや大振りのコスチュームジュエリーで華やかさをプラスして。

テクニック③ビッグシルエットのトップスをイン→アウト

黒タイトは、カジュアルダウンしたコーディネートの引き締め役としても一役買ってくれます。

Tシャツのようなカジュアルなアイテムも、スカートにインすればオフィス仕様に。トレンド感あるビッグシルエットのトップスなら、インした裾を少し戻してゆとりを持たせ、ブラウジングさせればスタイルアップ効果も期待できます。

退社後は、裾を全て出せば抜け感のあるユルいシルエットがつくれます。いかにも「仕事終わり感」のイメージを消してくれるのもいいですね。気の置けない友達とワイワイ飲みに行く……なんていうときにオススメのテクニックです。

シンプルだから着まわせる

1枚あればプレゼンから女子会まで幅広く着まわしできる定番スカートの黒タイト。シンプルなデザインなので、合わせる小物で簡単に印象が変えられるところも便利です。オンオフ両立のコーディネート、ぜひ挑戦してみてください。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に