(写真=Thinkstock/Getty Images)

ジャニヲタの力?「鳥貴族」成功の道

ジャニーズファン達が引き起こした経済効果とは?

「鳥貴族」ってご存知ですか? 関西圏を中心に458店舗(2016年3月末現在)展開している280円均一の焼き鳥屋チェーンです。今では関東や中京地区でもお店をよく見かけるようになりました。社長は、今吉高由里子さんと熱愛報道で話題の関ジャニ∞の大倉忠義さんのお父さんです。鳥貴族の成長を後押ししたのがジャニヲタだと言われています。関ジャニと鳥貴族の成長を見てみましょう。

鳥貴族と関ジャニがシンクロ

鳥貴族は1985年大阪市東大阪市の近鉄俊徳道駅前に第1号店を開店しました。これって、鳥貴族の歴史ですごく大事なポイントなのです。1985年は大倉くんの生まれた年、東大阪市は大倉くんの出身地です。まさに鳥貴族と大倉忠義くんはスタートから一緒でした。

翌年設立された株式会社イターナルが鳥貴族を運営するようになります。イターナルとは「永遠の」という意味の英語。インフィニティ「無限大」と同じような意味です。「鳥貴族」に行ったらロゴを見て下さい。ロゴの右側に「∞」のマークがついています。「関ジャニ∞」にも同じマークがついています。鳥貴族のマークはイターナルにちなんで、関ジャニより先につけていたと社長は語っています。これも何かの縁かもしれません。

鳥貴族は2002年に大阪府以外に初進出、2005年には東京に進出します。大倉くんは、2002年、8人の関西出身者による関西ジャニーズJr.としてテレビ番組に出演、「関ジャニ」が結成されました。関西限定でCDデビューするなど大阪では人気となり、2004年には東京でのレギュラー番組も始めました。

鳥貴族は2009年に社名をそれまでのイターナルから「鳥貴族」に変更しました。関ジャニは2009年には初の全国CDデビュー、着々と全国区へと成長している時期でした。 又鳥貴族は2014年に東証ジャスダックに上場、同じ年に関ジャニはデビュー10周年記念で自分たちのレコードレーベル「インフィニティ・レコーズ」を立ち上げています。

鳥貴族は2015年にジャスダック市場から東証2部に、2016年には東証1部にほぼ最短で昇格しています。関ジャニが、日テレのヒルナンデス等で人気を得て全国区になってきた時期と重なります。このように、鳥貴族と関ジャニはシンクロしながら成長してきました。

ジャニーズ,ジャニヲタ,関ジャニ∞,鳥貴族 (写真=Thinkstock/Getty Images)

株まで動かしてしまうジャニヲタの力

2014年に鳥貴族が上場したときの株価は、公募価格の2.5倍まで人気化しました。IT系ベンチャーなどのIPOが大人気になることはあっても、居酒屋チェーンのようなオールド・エコノミーの株は通常はそれほど買われません。大倉くんが鳥貴族の株を1万株もっていたこともあってマスコミに取り上げられていたため、鳥貴族の株の人気はジャニヲタが株を買ったからとも言われました。

また大倉くんが鳥貴族の社長の息子であることはファンにはよく知られていました。すでに上場前の2006年頃からライブなどでメンバーが大倉くんを「鳥貴族ネタ」でいじりはじめたとか。 例えば、

錦戸「大倉、なんで胸にTって書いてるん?」

丸山「忠義のT?」

大倉「ちがうわ~!」

渋谷「鳥?鳥のT?」

大倉「違う!毎回毎回鳥いじるんやめて!」

など、「鳥貴族ネタ」は関ジャニでは定番のようです。

このため関ジャニのライブの後、会場近くに鳥貴族があると店はジャニヲタでごった返すのだそうです。実際鳥貴族の既存店売り上げは今期9.7%増、客数は10%増、とちょっと不景気でちょっとデフレな今も絶好調です。

また株主になると株主総会に出席できますので、大倉くんのお父さんや株主の大倉くん、大倉くんの兄弟と会えるかもしれないことを楽しみに株主になっているジャニヲタもいるかもしれませんね。

いずれにしても、関ジャニの広告効果は絶大です。ちなみに、グループでCMに出演すれば7000万から8000万円のギャラだとも言われています。

ジャニヲタの影響はSMAP、嵐にも

SMAPのキムタクの両親はかつて神奈川県川崎市でイタリアンレストランを経営していたことはジャニヲタのなかでは有名でした。

また嵐の相葉くんのご両親は中華料理店を千葉県内で経営しており、嵐ファンの間では聖地となっているとか。

嵐が合宿で泊まった山中湖のコテージもすっかりジャニオタのお決まりの聖地になっており、宣伝しなくてもファンが集まるようです。そのコテージに泊まって、嵐が行ったアスレチックに行く追体験が人気だとか。

そしてV6の森田くんのお母さんは埼玉県でスナックを経営しており、ファンの交流スペースになっているようです。森田くんのプライベート写真やエピソードを実の母親から聞けるとあって店は大繁盛、ジャニオタ仲間のパーティーでもさかんに開催されているとか。

同じくV6の長野くんのご実家は自転車屋です。これもV6のメンバーがネタにしていたので、ジャニオタが訪れる観光地のようです。

良し悪しは人の考えそれぞれではありますが、自分が楽しんで自分が納得できることが一番。好きなものに思いっきり「投資」することで、世の中に大きな影響を及ぼすという点については、ジャニヲタを見習ってもよいかもしれません。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に