(写真=Thinkstock/Getty Images)

都内のOL向け♪ 無料の癒やし穴場11選

東京、新宿、銀座……意外と知られていない身近な穴場とは?

都内は物価が高いので、ちょっと休むにもお金が掛かる……そう感じていませんか? ところが少し探してみると、身近な所にそこまでお金を掛けずに癒やされるスポットがたくさん存在しています。

「仕事の営業中にも行ける」「あわよくば昼寝も出来る」。そんなちょっとした時に立ち寄れる無料の穴場スポットを紹介します。

東京駅周辺が熱い!

仕事中に立ち寄れる穴場スポットが集中しているのが東京駅周辺です。

新丸ビルのエスカレーター横

新丸ビルのエスカレーターの横にはソファとテーブルが置いてあり、誰でも自由に使用できるスペースです。買い物した後、休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

新丸ビル7階「丸の内ハウス」

屋外に椅子とテーブルがあり、緑に溢れる開放的な空間があります。「ちょっと現実逃避したいな……」と思った時にもおすすめ。丸の内ハウスのテイクアウトメニューを持ち込んで食べられる場所でもあります。夜はライトアップされた東京駅舎を見下ろす事も出来、デートスポットにも。

丸の内パークビルの一号館(屋外)広場

広場にはバラや草木や噴水があり、ベンチが置いてある場所も草木で日陰が出来るため、快適にランチをとることができます。平日のランチタイムを過ぎた時間帯には人も少なく落ち着いた空間になるので、

営業の合間に寄ってみるのもありかも知れません。又パークビルの中にはコンビニもあるので、飲み物を買って気軽にくつろげます。

新東京ビル1階 丸の内カフェ

こちらは新東京ビル1階にあるフリースペースです。机、椅子、ソファもあり、食べ物や飲み物も持ち込みOK。新聞や雑誌もそろっていて、申請すればパソコンの使用もできます。

新宿にも注目?

都内,癒やし,無料,スポット (写真=Thinkstock/Getty Images)

繁華街の印象が強い新宿にも意外なスポットがあります。

新宿タカシマヤの13階、14階のテラス

レストランパーク13階、14階の屋外庭園「ホワイトガーデン」にはベンチがあり、買い物で疲れた時にも利用できます。テラスから見える夜景はデートにも。

新宿都庁の展望台

地上202メートルの高さにある東京都庁の展望台は入場無料で朝は9時30分から、夜は23時まで入る事が出来ます。 空が澄み切った日には富士山も見えることもあり、仕事三昧の日々、都庁から東京を一望して見ると仕事の悩みもちっぽけだなと感じられるかも?

OLの定番! 銀座周辺

よりインターナショナルになって来た銀座にも、癒される場所はあります。

銀座三越9階の「銀座テラス」

ここは芝生が広がりウッドデッキも自由に使用出来る為、小さな子ども連れの親子も多くピクニック気分で過ごせます。室内テラスもあるため雨の日でも利用が出来、飲食物の持ち込みも可能なのでランチだけでなくお菓子を食べながらの読書にも快適です。

また銀座出世地蔵尊のおじぞうさまもあり、昇級した時や役職が上がった時に報告に訪れてみるのも手かも?

資生堂ギャラリー、キャノンギャラリー銀座等

アートのお店も多い銀座では、無料でアートに触れることも可能です。日本最古の画廊である資生堂ギャラリーをはじめ、キャノンギャラリー銀座ではプロの写真家やアーティストの写真が展示されていて、作品は一定期間で入れ替わるため何度でも楽しめます。無料で芸術に癒されるというのも良いかもしれません。

その他の穴場スポット

他にも都心にはあまり知られていないスポットがいくつかあります。

池袋西武の9階「食と緑の空中庭園」

2015年にリニューアルし、大規模な緑地のある空中庭園となりました。四季を感じられる草花が植えられていたり、 日よけができるパラソルテーブルや椅子に座って池を眺められる場所もあります。小腹が空いたときは手軽な価格の飲食店もそばにあるのも嬉しいですね。

表参道のエチカのカフェ

表参道駅の駅地下にも寛げるカフェがあります。こちらは無料ではないですがコーヒーが一杯310円ほどで飲めて 200席以上ある広々とした空間でゆっくり出来る為、待ち合わせにも使いやすい便利なスポットです。

東急プラザ表参道原宿の6階

ラフォーレ原宿の向かい、原宿の神宮前交差点にある東急プラザ。その6階の屋上に「おもはらの森」という癒やしスポットがあり様々な木々や野草が広がっています。おもはらの森から下をのぞくと、たくさんの人が行き交う神宮前交差点を見渡すことができます。3階、5階、7階にもテラスが設けられています。

仕事中に癒やされよう

このように都内にも意外と知られていない穴場スポットがたくさんあります。仕事中にあなたも癒やされてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に