(写真=Thinkstock/Getty Images)

化粧ノリが良くなる!寝る前にすべき美肌法

顔とカラダ、両方の肌をキレイに保つ方法を集めました。

翌朝、お化粧ノリが良いと朝のテンションもあがりますよね。朝のお肌やカラダのコンディションは寝る前の美容ケアで大きく変わります。 日中にうけたお肌やむくみなどのトラブルはその日のうちにケアして、寝ている間にリセットさせることが大切です。今回は、寝る前に簡単に実践できる美容ケアをご紹介しましょう。

ゆっくり入浴する

帰宅時間が遅く忙しいと、ついついシャワーだけで済ませがちですが、その日1日の疲れをしっかり取るには、ゆっくり入浴することがオススメです。温めのお湯に30分以上浸かれば、発汗によりデトックス効果を高めお肌にうるおいを与えられます。

さらに、お好きな入浴剤やアロマオイルなどで香りを楽しみながら入浴すれば、ココロもカラダも疲れがとれること間違いなし。自律神経の働きも整えられ、質の良い眠りをとることができますよ。

脚のストレッチでむくみ解消

美肌,パック,スキンケア (写真=Thinkstock/Getty Images)

女性にとって脚のむくみは大敵です。1日が終わるころには足の疲れはピークなはず。 疲れて帰ってきてそのままベッドに寝転びたいのもわかりますが、その日のむくみはその日のうちに対処して翌朝スッキリ目覚めたいものです。 そんな時は寝る前に3〜5分ストレッチが効果的。ベッドの上ででき、かつ時間もとらないので忙しい方でも、面倒くさがりな方でも取り組める簡単なストレッチを紹介しましょう。

まずは、仰向けになり太もも、ひざ、足先までそろえ両足が離れないようピッタリ揃えます。お腹に力を入れてそのまま両足を上げてキープ!次に、片方の足先を上に向け、アキレス腱、ふくらはぎをピーンと伸ばします。片方の足も同じようにして、これを20回ほど交互に繰り返してください。 寝る前にたった3分でもストレッチを取り入れるだけで翌朝のスッキリ感が違いますよ。

保湿ケアでお化粧ノリをUP!

洗顔後、コットンにたっぷり化粧水を浸して「化粧水パック」をします。 パック前に蒸しタオルなどで毛穴を開いてから行うと効果的です。 たっぷり化粧水を吸収したら、油分を含むクリームやオイルで保湿します。

また、乾燥しやすい口元、目元などには保湿成分が高いクリームをしっかり塗っておくと良いですよ。美容成分の高い「ナイトクリーム」や「アイクリーム」もオススメです。 睡眠中の乾燥を防いで、翌朝プルプルのお肌を実感できます。

やっぱり睡眠不足は大敵

いくら寝る前にパックなどを行っても睡眠不足では、キレイなお肌は作れません。 寝る前の美容ケアを最大限に発揮させるためにも、できれば10時まで、難しければ11時までにはベッドに入るようにしましょう。 忙しい毎日を送る方でも、ちょっとしたケアを加えるだけでいつまでも若々しいお肌やボディをキープできますよ。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に