(写真=Thinkstock/Getty Images)

オフィスで映える 白シャツと小物の合わせ方

たくさんある白シャツで出来る、大人抜け感コーディネート

白シャツはオフィスでも休日でも使える定番アイテム。清潔感がありきちんとして見えるので、30代に突入して責任ある仕事を任されるようになってきた女性の強い味方でもあります。

しかし、意外と着まわしに悩む方も多いのではないでしょうか。気合を入れすぎるとリクルートスーツみたいだし、いつも同じコーディネートではつまらない…便利な定番アイテムだからこそ、上手に活用したいですよね。

プレゼンなし、外出なしの普通の日、オフィスで着られるコーディネートのアイディアをご紹介します。

反対の性格の小物を合わせて、一歩大人の抜け感を

白シャツのコーディネートを考える時、軸になるのは素材です。まずはあなたの持っている白シャツの素材に注目してみましょう。しっかりしていて厚手の生地ならカジュアル、落ち感があってとろりとしたタッチならエレガント。薄くも厚くもなく、目が詰まっていてフラットな表面ならプレーン、というように、素材の性格を分析します。

素材の性格がわかったら、次は合わせるアイテムです。ポイントは、合わせるアイテムの性格を、シャツとは反対にすること。同じテイストでまとめるのが王道ですが、目指したいのは30代女性の大人の抜け感あるコーディネート。反対の性格のアイテムを選ぶとコーディネートに奥行きが出て、少ない要素でも凝った雰囲気に見えるのです。具体的なアイディアを3つご紹介しましょう。

カジュアルオックスフォードシャツ×上品プチジュエリー

カジュアルなオックスフォードの白シャツは、洗いざらしのままアイロンなしで着られるのが便利ですよね。高級感のある上品なブレスレットやネックレスを合わせれば、十分オフィスでも着られます。大人のリラックス感を作るには、シルエットはオーバーサイズで、ドロップショルダーがおすすめ。

エレガントシルクブラウス×ざっくりローゲージニット

エレガントで女性らしい表情のシルクのブラウスには、あえてざっくりとした、ラフなローゲージのニットを合わせてみましょう。素材の違いが際立つよう、カーディガンの前は開けて羽織ります。ローゲージニットをジャケットに変えれば、急な来客やプレゼンに対応可能です。

プレーンブロードシャツ×柄物ボトムス

プレーンなブロードのシャツには、思い切って柄物ボトムスがおすすめ。かっちりしすぎてしまうシャツコーディネートをほどよくカジュアルダウンさせてくれます。白シャツのシルエットはストンとしたボックス型、衿は小さめのものを選ぶと「リクルート感」が少なくなります。シャツのシンプルさを活かして、大振りのアクセサリーを合わせてもいいですね。

きちんと感とクリーンなイメージのある白シャツは、後輩の研修や社内のミーティングでも好感度大。着まわしの幅を広げて、オフィスでも有効活用してみましょう。

白シャツ,オフィスファッション,婦人服,,ジュエリー (写真=Thinkstock/Getty Images)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に