(写真=Thinkstock/Getty Images)

スモールラグジュアリーホテルの魅力とは?

今セレブに大人気のSLHとは?たまには自分にもご褒美を。

世界中のセレブが顧客リストに名を連ねるホテルブランド「スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)」を知っていますか? SLHはその名の通り、小規模かつ高級なホテルの集まりで、世界70カ国以上に500軒を超える施設が加盟するホテルブランドです。厳しい審査基準から、加盟を許されるホテルはほんのわずか。世界が認める価値を探ってみましょう。

オンリーワンスタイルを持つ個性あふれるホテルが集結

SLHの客室の平均数は55室。2015 年2 月、東京ステーションホテルがリリースした資料によると、SLH の歴史は、1991 年、プレステージ・ホテルズ・ヨーロッパとスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ノースアメリカの合併から始まったそうです。

高級ホテルは世界にたくさんありますが、SLHへの加盟はそれだけでは認められません。SLHのコンセプトは「ユニーク」であること。つまり、オンリーワンスタイルを持った、個性あふれるラグジュアリーホテルが集結しているのです。

モダンなデザインホテルから古城ホテル、または都心の隠れ家的なホテル、歴史が宿るカントリーハウス、プライベートアイランドのリゾートホテルなど、一歩足を踏み入れればまさに別世界。ビーチや山岳リゾート、サファリなど世界中の様々なデスティネーションで、その土地ならではの滞在を提案しています。

極上の滞在を約束する厳しい加盟基準をクリア

公式サイトによると、SLHへは毎年世界中から1000を超えるホテルの加盟申し込みがあり、そのなかで最終的に加盟が許されるのは5%ほどしかないそうです。

審査基準の厳しさを物語るのが、インスペクターによる覆面調査です。ホテルのサービスの質は予約段階である程度わかるともいわれますが、覆面調査では予約担当者のヒアリング力も採点の対象です。滞在中の満足度は、ゲスト1人ひとりの嗜好や要望をどれだけ把握できているかが大きく影響するからです。

こうした覆面調査員によるインスペクションは加盟後も定期的に実施され、必要があれば改善命令も出されます。この妥協を許さない姿勢によってホテルの質を高め続け、信頼の証ともされる「SLHブランド」をつくっているのです。

日本にあるSLH加盟施設は9軒のみ

スモールラグジュアリーホテルの魅力とは?② (画像=HPより)

一流を知ることは、自分への大切の投資のひとつ。世界のセレブに選ばれるホテルで、その魅力を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。2016年1月現在、日本でSLHに加盟している施設は以下の9軒です。

  • ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド(兵庫県)
  • 星のや京都(京都府)
  • ロテル・デュ・ラク(滋賀県)
  • 登大路ホテル(奈良県)
  • sankara hotel&spa屋久島(鹿児島県)
  • シギラベイサイドスイート アラマンダ(沖縄県)
  • THE SHIGIRA(沖縄県)
  • 東京ステーションホテル(東京都)
  • 雲仙観光ホテル(長崎県)

思いきり羽を伸ばしたいときこそ、瞬時に非日常の世界に運んでくれる個性豊かなホテルを選んでみては?

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に