(写真=Thinkstock/Getty Images)

衝動買いを減らす!「家計ダイエット法」

家計簿って面倒くさい!そんな人におススメの方法はこちら。

ファイナンシャル・プランナー(FP)として活動していると、将来のことを踏まえ、お金のことを真剣に考える方が増えてきていると実感しています。一方、お金のことは気になっているものの、なかなか知人や友人に相談できない、という人も少なくありません。

「なんとなくこれでいいのかな?」とお金にぼんやりとした不安がある人に、第一歩としておススメしたいのは、自分のお金の使い方を「把握する」ことです。

【自分の家計を本気で改善したい人はこちらの記事も要チェック!】
貯金できないアラサー独女に、FPがコツと技を伝授
投資への第一歩は家計管理から!家計管理の3つのテクを伝授
働く女性に。3つの「ほったらかし資産運用」
資産運用って何?まず最初にすべきことから、資産運用のいろはを紹介!

家計簿は大変!

家計簿をきっちりつけるのは大変なので、毎日レシートをチェックしてはいかがでしょうか。そして、レシートをノートに張り出してどこで何をいくらで買い、一日トータルいくら使ったのかを書いていきます。

その中にはクレジットカードで翌月払いや分割払いにしたものも忘れず記入していきます。カード払いにすると、現金がすぐに目減りしないので「お金を使っている」という感覚が薄れ、翌月利用明細がきてから焦ってしまうということもありますが、日々のレシートを記入することで、カードでの買い物もその時に「お金を使っている」と自覚することができます。

衝動買いを減らすこともできる

衝動買いを減らす!「家計ダイエット法」② (写真=Thinkstock/Getty Images)

こうして日々のお金の流れを書いていくと、自分は一ヶ月でどれくらいのお金を何に使ったのかしっかりと把握することができます。これは無駄遣いだったなと反省したり、クレジットカード払いでの買い物の一ヶ月のおおよその上限を決めておけば衝動買いを減らしたりしていくこともできます。

一時期「レコーディングダイエット」という毎日食べたものをもれなく記入していくというダイエットが話題になりましたが、このレシート記入も同じような効果があったと多くのご相談者様からご感想をいただきました。

毎日レシートや自動販売機などでの買い物を記入していると、「明日はお金を使わない、書かない日にしてみよう」と思うようになり支出が減ったということです。

将来の資産づくりなどに取り組もうと考える人も、まずは自分のお財布を把握するのが、「お金のことを自分事にする」ための第一歩です。

【自分の家計を本気で改善したい人はこちらの記事も要チェック!】
貯金できないアラサー独女に、FPがコツと技を伝授
投資への第一歩は家計管理から!家計管理の3つのテクを伝授
働く女性に。3つの「ほったらかし資産運用」
資産運用って何?まず最初にすべきことから、資産運用のいろはを紹介!

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に