キャバクラにおける枕営業の実態とは?元キャバ嬢が赤裸々に語ります

どうも!元キャバ嬢のゆきです。

今回は「枕営業」の実態についてのお話です。水商売とか芸能界などでよく耳にする言葉ですが、本当にあるのか、都市伝説なのか気になりますよね。

そんな枕営業について、実際にキャバクラで働いて見聞きしてきた体験談をもとに解説していきます。

目次

キャバクラに枕営業はある?

キャバクラに枕営業はあります。もちろん一般的ではありませんし、多くのキャバクラも枕営業は許していませんが、実際に枕営業をしている嬢はいました。

私の勤めていたキャバクラにいた「彼氏と遠距離恋愛中のキャバ嬢」が、寂しさからお客様とそういった関係を持ってしまった…と打ち明けてくれたことがありました。

あとは嘘みたいな話ですが、勤めていたキャバクラの近くに「枕営業できるキャバ嬢しか雇わない」というキャバクラがありました。風俗店並みの高時給に釣られて面接に行った同僚のキャバ嬢がいたのですが、面接時に話を聞いてみればそういった理由からの高時給ということ。

ちなみに「枕営業オンリーキャバクラ」に在籍しているキャバ嬢は全員がグラビアアイドル並みの美人で、遊ぶのには高額な料金が必要というハイクラスなお店でした。

このように枕営業をしてしまうキャバ嬢がいたり、枕営業を黙認(あるいは推奨)しているキャバクラもあったりはしますが、一般的なキャバクラは枕営業を容認していません。

一般的なキャバクラが枕営業を禁止する理由

そもそも枕営業とは、お客様と体の関係を持つことをいいます。一般的なキャバクラでは、男性従業員からも同僚の嬢からも、枕営業していることをいい目では見られません。

枕営業をするキャバ嬢に対し「あの子はトークでお客様をもてなす力がない」「ホステスとしては二流」というマイナスな目で見るキャバ嬢やお客様も一般的です。

雇う側の立場になって考えてみてと、風俗店ではないキャバでお客様と枕営業ばかりする女の子は扱いづらいですし、噂が広まればお店の質を落としてしまうことにつながります。「あのキャバクラに行けばヤレる」と体目的のお客様ばかりが来るようになったら、他の嬢に大迷惑ですし、さまざまなところから変に目をつけられてしまう可能性もあります。

一般的なお店や同僚からすると、枕営業をする嬢がいるのはマイナス面が大きいため、基本的に枕営業は推奨されていないのです。

キャバクラで枕営業をするメリット・デメリット

ここからは、キャバクラで枕営業をするメリット・デメリットを「キャバ嬢視点」でお伝えしていきます。

枕営業をするメリット

枕営業をするメリットは、対価として莫大な利益を得られる可能性があることです。

キャバクラで働いていると、体の関係でしか繋ぎ止められないお客様と出会うことも事実です。しかもそういったお客様の中には、女の子の人生を変えるほどの力を持つ信じられないほど裕福な男性もいらっしゃいます。

キャバ嬢時代、私は枕営業をしなかったのでお断りしたのですが、今でも忘れられない和服姿のお爺さんがいます。複数の愛人を持ち、愛人たちに国内外で様々な事業を任せているとてつもない権力者に枕を申し込まれたことがありました。枕をすれば事業の一つをやらせても良いと詳細な話をしてくださったのですが、枕はしないという私の意思を尊重してくれて、人生最後の事業のために海外に行ってしまい、それからは会っていません。

その方ほど権力者ではないですが、お医者さんに申し込まれた枕も印象的で覚えています。何度か指名して頂いて同伴もして、枕をお願いされたものの、私が断り続けたため、諦めて去って行きました…。

その方の枕を引き受けたのは近くのキャバクラのキャバ嬢で、冷蔵庫や洗濯機などの家電一式、様々なブランド品、ペットのワンちゃんまで買って頂いたそうです。枕営業をした相手にパパになってもらい、マンションを買ってもらった!というキャバ嬢に会ったこともあります。

反対にいえば、これくらい大きなメリットがなければ、枕営業をする理由は無いと個人的には思います。

枕営業をするデメリット

枕営業をするデメリットは、噂になって枕なしでは稼ぎにくくなることです。

「枕営業をしている」と噂になれば、体目当てのお客様ばかりが来てしまうことにも繋がります。指名の数は増えるかもしれませんが、セットで枕営業がついてくるのは、キャバ嬢にとって心身ともに負担が大きすぎます。

そして複数人と枕営業をしていると、肝心のLINEや電話での営業、SNSの更新、自身の美容に使う時間が減っていきます。ネットで誹謗中傷を浴びる可能性もありますし、下手をしたらお店自体の品格も下げて、他のキャバ嬢に迷惑をかけてしまうかもしれません。

キャバ嬢も人間なので、素敵なお客様と出会ったときや寂しかったとき、つい枕営業してしまった…ということはあるかもしれません。しかし、キャバクラの仕事を長く続けていきたいのなら「わざと毎回のように枕営業に持ち込む」という状況は避けた方が賢明です。

どうしてもキャバクラの仕事に枕営業を取り入れて行きたい方は、法律的にはグレーですが、枕公認・黙認のキャバクラや、枕営業のキャバ嬢が多く在籍しているキャバクラで働くのが良いかもしれません。

キャバクラの枕営業の断り方

次に、お客さまから枕営業を求められたときの上手な断り方をご紹介していきます。

枕営業はしないとハッキリ言ってしまう

まず「わたし枕は絶対にしません」と、はっきりお断りする手法があります。

キャバ嬢時代、私はこのパターンでお断りすることが多かったのですが、実は水商売の人間としてはあまりいい断り方ではありません(笑)

もっとお客様に夢を持たせたり、やんわりと身を引いていくことができるのがプロのキャバ嬢です。「キャバ嬢は女優さんと同じ!」と言っていた先輩キャバ嬢もいました。

とはいえ、お客さまに夢を見せつつ引っ張るような営業方法が難しいなら、下手にごまかさずにはっきり断るのもナシではありません。

過去の恋愛の傷を引きずっていて、今はそういう気になれないと話す

同じ店で働いていたキャバ嬢には「過去に恋愛で大変な思いをして、今は誰とも付き合う気になれない」と嘘をついている女の子がいました。

テレビドラマ並みのストーリーを何パターンか考えているキャバ嬢でしたが、お客様からすれば、そんな大変な経験をしている女の子に軽々しく踏み込めません。ですが適度にアフターや同伴は行っていました。

そうすると期待感を持たせたまま長く引っ張れるため、ストーリーを作り込めるならおすすめのテクニックです。

家庭の事情で忙しいと話す

定番の断り文句が「家庭の事情」です。

私の知り合いには「両親を介護している」と嘘をついているキャバ嬢や「祖父母の面倒を見ている」という事実を誇張して話しているキャバ嬢がいました。

ちなみに祖父母のお世話をしているキャバ嬢は、本当は老人施設に預けていてたまに家に呼んでいるだけなのに、「毎日面倒を見ていて本当に大変で…」とかなり盛って話していました。

こういった事情だと、お客様にとっては強引に誘いづらいため、ふんわりとお断りすることができます。

昼職で疲れていると話す

昼職を話題に出すのも定番です。

キャバクラの仕事とは別に昼職もしていると嘘をついた上で「休日は疲労のあまりずっと寝ていてとても出かける余裕がない」と、二重で嘘をついているキャバ嬢がいました。

この嘘の場合、翌日仕事という理由でアフターを断ることも出来ますし、早い時間から同伴するのも無理ということで断れます。お客さまとは一切休日に会わなくて良くなるため、絶対に枕営業したくない女の子にとってかなり都合の良い嘘と言えます。

そんな中、たまにアフターや同伴をすると「忙しい時間を縫って自分と会ってくれたんだ!」とむしろ喜ばれることもあるようです。

「目標に向けて頑張っていて彼氏を作る気はない」と話す

夢や目標に向けてキラキラ頑張っている雰囲気を出して断るのも、よくあるテクニックです。私の働いていたキャバクラでは、大学生や専門学校生がよく使っている嘘でした。

「将来自分のお店を出したいから」「海外留学したいから」「今は学校と仕事を頑張りたいから」などの理由をもとに、彼氏を作る気分ではないと話します。なかには気に入った男性と時々枕をしている女の子もいましたが、彼氏にはしていなかったようです。

もちろん本当に学校の課題に追われてほとんど寝ずに出勤している女の子もいますので、そんな子たちの姿を見て無理やり「枕をしろ」と迫るようなお客さまはいませんでした。

毎日出勤して枕を求められそうな隙を作らない

かなりハードに出勤をして隙を作らないのは、究極の枕回避テクニックかもしれません。断り方とは少し違うかもしれませんが、人気キャバ嬢・有名キャバ嬢に多いパターンです。

キャバクラの営業日は全日出勤していつもお店にいるので、お客様が枕など私的な関係に持ち込む隙が全くありません。

(テレビに時々出演していた有名キャバ嬢が近くのキャバクラで働いていたのですが、なんと週7出勤でした!)

生活のほとんど全てをキャバ嬢として生きることになるので、キャバクラの仕事が本当に好きか、短期間でガッツリ稼ぐという強い決心がなければなかなか出来ることではありません。

枕営業をせずにキャバクラで成功するコツ

枕をせずにキャバクラの仕事を続けて成功するには「体目的のお客様を友人関係に誘導する」というテクニックを身につけるのが大切です。

お店に来てくれる頻度は半年に一度、一年に一度でも良いから、定期的にやってきてお話だけをして帰っていくお客様を大勢作ることが大切です。人気嬢や有名嬢たちはそういったお客様の数がケタ外れに多いので、彼女たちは多数の男性客と枕営業に勤しまなくても、毎日稼ぐことができるのです。

少数の太客と深い関係になるというよりも、とにかくたくさんの「友達客」をつくって関係性をつないでいく努力をおすすめします。

キャバクラの枕営業事情まとめ

キャバクラにおいて、実際に枕営業はあります。しかし基本的にはおすすめできません。

お気に入りの男性とだけたまに枕をする子もいれば、とにかく太い客とだけ厳選してする子などさまざまですが、下手したらお店や同僚にまで迷惑をかけることになってしまいます。

枕を断る嘘で引き伸ばしている間に、お客様といっぱい楽しく過ごして人間関係を築き「枕をさせてくれなくてもたまに会いたくなる女の子」というポジションを目指すのが、長く水商売を続けるコツ。

その辺りはよくよく考えて、キャバ嬢として働いてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次